ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 吉岡里帆、影響受けた“マンガ飯”語る

吉岡里帆、影響受けた“マンガ飯”語る

0

2020年01月27日 09:50  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
女優の吉岡里帆(27歳)が、1月26日に放送されたラジオ番組「UR LIFESTYLE COLLEGE」(J-Wave)に出演。影響を受けた“マンガ飯”について語った。

その他の大きな画像はこちら



この日、番組ゲストとして、マンガに登場する料理“マンガ飯”を再現した「マンガ食堂」を出版した梅本ゆうこさんが登場。吉岡に映画「ドラえもん のび太の日本誕生」の“畑のレストラン”を振る舞うと、吉岡はその味を絶賛した。

その後、最初に食べたいと思った物語のご飯について話が及ぶと、吉岡は「ぐりとぐら」に出てくる大きなカステラで、その後「美味しんぼ」が“マンガ飯”を好きになるきっかけになったと告白。

吉岡は子供の頃に体が弱く、入院していたとき病院に「美味しんぼ」がほぼ全巻揃っていたそうで、そこに描かれていた食べ方やメニューを見て食欲が出て元気になったため、影響を受けたとのこと。

ほかにも「深夜食堂」のうなぎのタレ丼や「黄昏の買い食い部」「ホクサイと飯さえあれば」「山と食欲と私」「ごほうびごはん」の伊勢エビカレーなどを挙げ、リアル系の“マンガ飯”が好きだと語った。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20200158141.html


    あなたにおすすめ

    ニュース設定