ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 第62回グラミー賞、史上最年少18歳のビリー・アイリッシュが主要4部門を制覇

第62回グラミー賞、史上最年少18歳のビリー・アイリッシュが主要4部門を制覇

2

2020年01月27日 18:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真第62回グラミー賞で主要4部門を含む最多5部門を制覇したビリー・アイリッシュ (C)AFLO
第62回グラミー賞で主要4部門を含む最多5部門を制覇したビリー・アイリッシュ (C)AFLO
 第62回グラミー賞授賞式が現地時間26日に開催され、史上最年少の18歳で主要4部門にノミネートされたビリー・アイリッシュが、年間最優秀レコード賞、年間最優秀アルバム賞、年間最優秀楽曲賞、最優秀新人賞の主要4部門と最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞に輝き、圧巻の記録を樹立した。

【写真】日本のカルチャーに興味津々「ビリー・アイリッシュ」フォトギャラリー

 最多5部門の受賞を果たしたビリー。ノミネートされていて逃したのは、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞のみだ。同賞は、初ノミネートにして主要4部門を含む最多8部門にノミネートされていたリゾが受賞している。リゾは最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞と最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞と併せて、3つのグラミーを獲得した。

 その他の部門では、タイラー・ザ・クリエイターが最優秀ラップ・アルバム賞、アンダーソン・パークが最優秀R&Bアルバム賞、ケイジ・ジ・エレファントが最優秀ロック・アルバム賞を受賞。最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム賞は、ヴァンパイア・ウィークエンドが手にした。

 今回の授賞式は、同日の朝に元NBAの花形選手コービー・ブライアントさんが事故死するという悲しみの中、『コズ・アイ・ラヴ・ユー』でオープニングを飾ったリゾとホストのアリシア・キーズの哀悼の言葉で始まった。会場はコービーさんが所属したロサンゼルス・レイカーズの本拠地ステイプルズ・センターだった。

 第62回グラミー賞主要4部門のノミネートアーティストは以下の通り。★が受賞者。

<年間最優秀レコード賞>
『Hey,Ma』ボン・イヴェール
★『bad guy』ビリー・アイリッシュ
『7 rings』アリアナ・グランデ
『Hard Place(原題)』H.E.R.
『Talk』カリード
『Old Town Road』リル・ナズ・X feat.ビリー・レイ・サイラス
『トゥルース・ハーツ』リゾ
『Sunflower』ポスト・マローンwithスウェイ・リー

<年間最優秀アルバム賞>
『アイ、アイ』ボン・イヴェール
『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』ラナ・デル・レイ
★『WHEN WE ALL FALL ASLEEP,WHERE DO WE GO?』ビリー・アイリッシュ
『thank u,next』アリアナ・グランデ
『I Used To Know Her(原題)』H.E.R.
『7』リル・ナズ・X
『コズ・アイ・ラヴ・ユー(デラックス)』リゾ
『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』ヴァンパイア・ウィークエンド

<年間最優秀楽曲賞>
『オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ 〜2人を忘れない』レディー・ガガ
★『bad guy』ビリー・アイリッシュ
『Bring My Flowers Now(原題)』タニヤ・タッカー
『Hard Place(原題)』H.E.R.
『ラヴァー』テイラー・スウィフト
『ノーマン・ファッキング・ロックウェル!』ラナ・デル・レイ
『サムワン・ユー・ラヴド』ルイス・キャパルディ
『トゥルース・ハーツ』リゾ

<最優秀新人賞>
ブラック・ピューマズ
★ビリー・アイリッシュ
リル・ナズ・X
リゾ
マギー・ロジャース
ロザリア
タンク・アンド・ザ・バンガス
ヨラ

このニュースに関するつぶやき

  • ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜この子が親戚だったらなぁ〜(byずん飯尾)
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定