ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > ガンダムワールド脇役を魔改造

“最弱”ボールを“最強”に魔改造 ガンダムワールドの脇役を「自分の手でカッコよく育てる喜び」

48

2020年01月28日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真【左】2014『GBWC』日本大会3位入賞『スティンガーフォトンボール』/制作:ひやむぎ【右】ポリポッドボール/制作:RIHITO (C)創通・サンライズ
【左】2014『GBWC』日本大会3位入賞『スティンガーフォトンボール』/制作:ひやむぎ【右】ポリポッドボール/制作:RIHITO (C)創通・サンライズ
 今年40周年を迎えた「ガンダムプラモデル(以下、ガンプラ)」の発展を支えてきたのは、創意工夫と自由な発想で技術革新に貢献してきたモデラーたちだ。そこで、これまでORICON NEWSで取り上げたトップモデラーたちを、「ガンプラ40周年記念」として改めてフィーチャー。第3回目となる今回は、連邦軍兵士から「ミスター・ボール(ボールさん)」、「丸い棺桶」などと呼ばれた“高潔なヤラレ役”ボールをピックアップ。ガンダムワールドの脇役をいかにしてカッコよく育てたのか、トップモデラーのひやむぎ氏とRIHITO氏に聞いた。

【写真】これぞ「逆襲のクワトロ」!この百式なら、キュベレとジ・Oを圧倒しそう…⁉ 幻のZガンダム4号機も登場

■妄想サイドストーリーを具現化「“丸い棺桶”をどう“最強”に見せるか」(ひやむぎ)

 造形の“緻密さ”と“妄想”の掛け合わせが評価されているひやむぎ氏。「実はもともと情景描写(ジオラマ作品)はあまり得意ではないのです」と告白。他方、「塗装の剥がれ表現やグラデーション塗装による退色表現などは得意」なのだと、自身のストロングポイントを語ってくれた。

 確かに、ひやむぎ氏の作例からはモビルスーツの機械の錆や塗装の剥がれ、オイルの匂いのようなものが感じらえる。さらに、最近は様々なパーツを組み合わせ、自分独自のガンプラを完成させる“ミキシング”に力を入れているのだそう。

「14年の『ガンダムビルダーワールドカップ(以下、GBWC)』日本大会で3位入賞した、『スティンガーフォトンボール(ボール)』はお気に入りです。テーマは“速くて強くてカッコいい”ボール。ガンダムの世界では弱くて有名なボールですが、これをシューティングゲームの戦闘機のようにカッコよくしたら面白いのではないか、と考えたのが始まりです」

 この“最強”ボールの制作期間は約3ヵ月。ガンダムの作中で「丸い棺桶」と呼ばれ、弱い=ボールという意識を持たれている兵器を、「いかに強そうな見た目にするかに腐心しました」とアピール。

そんな、常に新しいアイデアを求めるひやむぎ氏にとって、「ガンプラは妄想や制作する際のワクワク感、完成した時の達成感など、あらゆる時間に“楽しさ”が詰まっている」と、ガンプラ趣味の魅力を笑顔で語ってくれた。

■ジムやボールは工業的な視点で観ても“無駄がなくカッコイイ”(RIHITO)

 人気モデラー・RIHITO氏に、あえてガンダムを作らず脇役であるジムやボール、ズゴックをメインに制作している理由を聞いた。

 「ジムやボールはシンプルなデザインで余計な装備も無く、兵器としてはちょっと心もとない雰囲気がありますが、工業デザイン的な視点で観ると洗練された無駄のないデザイン、つまりカッコいいと解釈できるのではないかと私は考えます」

 ガンプラをカッコよく強そうに仕上げるという目標は誰もが目指すところ。しかし、シンプルな脇役だからこそ、自分の手でカッコよく育てられる魅力があるとRIHITO氏は強調する。そんな氏が制作するジムやボール、ズゴックは精密で美しいスジボリのデザインが特長。では、スジボリの難しさはどこにあるのだろうか? ポイントは2点あると説明する。

 「1点目はタガネなどを駆使した線を綺麗に彫る技術力。タガネの力の入れ具合、刃を入れる角度や彫るスピードなど正確に行うところが難しいです。2点目はパネルラインや線の組合せのデザイン力。カッコよく線を引く法則みたいなものは『GBWC』でも確認する事はできますが、対象の部品に合うようにアレンジする必要があります」

 また、スジボリテクについては、なるべくユニークなデザインにする事を心がけている ようだ。「兵器としての魅力を維持しつつ、独特のキーデザインを全身に彫り込んでいく事。そして並行する直線を互い違いに斜めに横切るラインを組合わせた『ROD LINE』など自分で勝手に命名して楽しんでます」と笑顔で解説。

 もはや、RIHITO氏にとってガンプラはただの趣味ではなく、人生に彩りを加えてくれるコミュニケーションツールなのだと言う。

 「ガンプラをきっかけに、私の制作をサポートしてくれる多くの仲間と繋がる事ができました。私にとってガンプラは模型作りの枠を超えて仕事やプライベートなどのライフスタイルに鮮やかな彩りを与えてくれるコミュニケーションツールであり、妄想・理想や技術力を手軽に表現できる“魔法のキャンバス”です」

(C)創通・サンライズ

このニュースに関するつぶやき

  • 魔改造ってエロい方面の言葉だと思ってた。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • デンドロビウム的なののコアユニットをボールにするタイプは時々見ますね( ・◇・)
    • イイネ!18
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(29件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定