ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 「地獄だ。地獄の恐怖だ」。映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』予告動画公開

「地獄だ。地獄の恐怖だ」。映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』予告動画公開

0

2020年01月28日 08:00  M-ON! MUSIC

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

M-ON! MUSIC

写真掲載:M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! MUSIC NEWS
■ザ・ドアーズの「The End」が使用された『地獄の黙示録 ファイナル・カット』予告編は、WEB限定解禁!

【動画】映画『地獄の黙示録 ファイナル・カット』予告編

製作40周年を記念して、フランシス・フォード・コッポラ監督自らが再編集し、あらたなデジタル修復を施した最終版『地獄の黙示録
ファイナル・カット』。2月28日より、全国のIMAX(R)にて上映される本作の予告編が解禁された。

前半は、ヘリコプターの音が印象的なオープニングシーンから、ハリソン・フォード演じるルーカス大佐が、マーティン・シーン演じるウィラード大尉にマーロン・ブランド演じるカーツ大佐暗殺の指令を下すシーンへと続き、ナパーム弾投下のあと、ロバート・デュヴァル演じるキルゴア中佐のセリフ「朝のナパームは格別だ」が登場。ワーグナーの「ワルキューレの騎行」にのせて、迫力ある戦闘シーンが収められている。

後半は、本作で最も象徴的な楽曲、ザ・ドアーズの「The End」をBGMに、カーツの王国が描かれ、カーツ大佐とウィラード大尉のやり取り――「君は殺し屋か?」「軍人です」が胸を打つ。

最後は、メインビジュアルのモチーフにもなった、ウィラード大尉が沼から顔を出すシーンと、カーツ大佐のセリフ「地獄だ。地獄の恐怖だ」で締めくくられている。

本作は、ベトナム戦争下、カーツ大佐暗殺の特命を受けたウィラード大尉が、部下との船旅で遭遇する体験を、CGなしの壮大なスケールで描いた戦争大作。映像は撮影時のオリジナルネガフィルムを初めて使用し、音声は劇場公開版のプリントマスターを使用。いずれも独自のIMAX(R) DMR(Digital Media Remastering) 技術でデジタルリマスターされ、細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像と迫力あるサウンドを体感できる。

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』は、2月28日より、全国IMAX(R)33館にて期間限定上映。


映画情報
『地獄の黙示録 ファイナル・カット』
出演:マーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパー
監督:フランシス・フォード・コッポラ
脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ
ナレーション:マイケル・ハー
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:リチャード・マークス
音響デザイン:ウォルター・マーチ
音楽:カーマイン・コッポラ、フランシス・フォード・コッポラ
製作:フランシス・フォード・コッポラ
配給:KADOKAWA
(C)2019 ZOETROPE CORP. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『地獄の黙示録
ファイナル・カット』作品サイト
http://cinemakadokawa.jp/anfc/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定