ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > パリピ芸人「きつね×EXIT」ユニット結成、チャラさとマジメさを武器に現在社会に物申す

パリピ芸人「きつね×EXIT」ユニット結成、チャラさとマジメさを武器に現在社会に物申す

0

2020年01月29日 04:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

歌謡漫才とエレクトロ・ダンス・ミュージックがミックスされた異色の「パリピ漫才」で話題の“きつね”と 、ネオチャラなキャラクターでバラエティ番組で大活躍中の“EXIT”がコラボレーション、パリピ芸人2組がスペシャルユニット「きつね×EXIT」を結成した。

合同でお笑いライブもおこない、親交の深い2組がチャラさとマジメさを武器に現在社会に物申す。成人式を迎えたばかりの若者も、新入社員のフレッシュマンも、これからの人生で出会う飲みにケーション。そこで垣間見える旧態依然としたタテ社会、ハラスメントにNOをつきつける新たな飲み会ソング「L.O.K.F」(読み:エルオーケーエフ)のミュージックビデオが公開された。

「L.O.K.F」とは「ラストオーダーで 帰りましょ フォーー!」の略。不毛な二次会、酒の場での説教、一気飲み、女子によるお酌など、酒席で暴君となっている中年サラリーマンには是非、心して聴いてほしい楽曲だ。

「飲めるやつは 飲めばいい 飲めんやつは それでいい 違い 認め合ってこうや パーティーピーポー」/「俺、シラフのままでお前を口説きたい」 / 「肩書き 片手に 好き勝手な 振るまい その力 別に使え エライ人」など、芸人ソングでありながら、強いメッセージも含んだ楽曲に注目です。もちろんこの楽曲、酒を飲むことを否定する曲ではなく、お酒は楽しく適量に飲むことを訴えているだけあって、ミュージックビデオの中では酒の場で説教する上司も、それに付き合う部下も最後はみんなで大団円のハッピーなミュージックビデオとなっている。

今回この楽曲のプロデュースにヒャダインこと、前山田健一が参戦。ヒャダインも飲み会の場はできるだけ早く家に帰りたいタイプ。ミーティングにて、きつね、EXITの2組から「飲み会の在り方について」のキーワードをヒアリングして、ヒャダインが作詞・作曲も担当。その変幻自在のサウンドメイキングともに、歌詞に注目だ。

昨年、12月25日にDVD「EXIT初来日チャラ卍バイブスぶち上げ JAPANツアー光×光それ即ち音になりけり〜おそくなってんじゃん〜☆控えめに言ってパリピ全員に届くようにアチャーな値段でhere we go☆」もリリースし、オリコンウィークリーDVDランキングにて第4位(1/6付)タワーレコード全店総合DVDランキング第1位(発売週2019/12/23-2019/12/29)と、勢いにのるEXITと、きつねのコラボレーションから目が離せない。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定