ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「DJアゲ太郎」主演は北村匠海

『とんかつDJアゲ太郎』主演は北村匠海! 山本舞香、伊藤健太郎、伊勢谷友介ら共演者も一挙発表

26

2020年01月29日 07:01  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『とんかつDJアゲ太郎』(c)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会
『とんかつDJアゲ太郎』(c)2020イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の主演を北村匠海が務めることが決定し、あわせて山本舞香、伊藤健太郎、伊勢谷友介ら主要キャストも発表された。


参考:実写映画版『とんかつDJアゲ太郎』はフジテレビ×ワーナーのタッグ “ニクの日”にキャスト発表へ


 『少年ジャンプ+』(集英社)が創刊された2014年から2017年まで連載された人気Webコミック『とんかつDJアゲ太郎』。2015年には『少年ジャンプ+』で初の単行本化され、全11巻を刊行。2016年4月にはテレビアニメ化もされ、2017年には『少年ジャンプ+』から初の実写映画化が発表されていた。『翔んで埼玉』『コンフィデンスマンJP ロマンス編』『記憶にございません!』とコメディ映画のヒットを連発するフジテレビが製作を務め、『るろうに剣心』シリーズ、『銀魂』シリーズと『週刊少年ジャンプ』作品を多数映画化しているワーナー・ブラザース映画が配給を担当する。


 物語の舞台は、東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。主人公、勝又揚太郎はその三代目の跡取り息子だが、父・揚作の元、キャベツの千切りの毎日だ。ある日、揚太郎は弁当の配達で渋谷のクラブへ。はじめて訪れたその場所で、音楽にあわせ盛り上がるフロアにこれまでにない高揚感を体感する。お調子者のアゲ太郎は“とんかつ”も“フロア”もアゲれる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指す。


 このたび、主人公・アゲ太郎役で『君の膵臓をたべたい』の北村が主演を務めることが決定。北村の今までのイメージを覆す、勢いと勘違いが持ち前のお調子者を演じる。そもそも原作の大ファンであった北村もまさか自分がアゲ太郎を演じるとは思いもしなかったといい、「最初は戸惑ったし、バカで全力で一直線のアゲ太郎のテンションについていくのに必死だった」と爆上げテンションへの挑戦を語った。また、とんかつ屋の三代目としてキャベツの千切りの練習もこなし、「線のように細くリズミカルに千切りできるまで」に上達したことを明かす。


 また、アゲ太郎が憧れる見習いスタイリスト・苑子は、『暗殺教室』でのヒロイン役や『東京喰種トーキョーグール【S】』の山本が演じる。演じる役柄について山本は、「アゲ太郎みたいな不器用な男の子を助けてあげる優しさがあり、場を明るくする子なので、笑顔を大事に演じた」と語っている。さらに、アゲ太郎のライバルともなる気鋭の大人気DJ屋敷蔵人を、『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のツッパリ、『アシガール』の若君などでブレイクし、主演の北村と公私ともに付き合いのある伊藤が演じる。IT企業を立ち上げ、社長業をやりながらDJとしても才能を持つすごい役柄に向けて、「一見、無表情でクールだけど根っこにはアツいものを持っている。その熱量を忘れず大事に演じた」と語る伊藤。北村との共演についても「17、18歳から『売れような』と切磋琢磨してきた匠海とこんないい形で共演できたことは夢のよう」と語っている。


 そして、アゲ太郎のDJの師匠、DJオイリーを演じるのは、『あしたのジョー』『るろうに剣心』『翔んで埼玉』の伊勢谷。撮影を経て、「なにか没頭できるものをみつけ、パワフルに人生を広げていく若者たちの姿をみることは、それだけでとてつもない幸福感や高揚感を与えてくれる。そのことに、この作品で改めて気づかされました」とコメントを寄せた。


 また、三代目道玄坂ブラザーズの室満夫を加藤諒、夏目球児を浅香航大、白井錠助を栗原類、平積タカシを前原滉がそれぞれ演じる。北村演じるアゲ太郎の家族として、ころも役で池間夏海、かつ代役で片岡礼子、揚作役でブラザートムが出演する。


 『SLUM-POLIS』『チワワちゃん』の二宮健が監督を務めることも発表された。


 出演が発表されたキャスト、そして撮影現場にも訪れた原案のイーピャオと漫画の小山ゆうじろうからの、キャストに対してのお墨付きコメントも届いた。


■コメント
●北村匠海(勝又揚太郎役)
原作コミックは僕の周りにいる音楽関係の友達たちの間でも話題の1冊でした。ポップでキャッチーな絵柄とコミカルな笑い。そこに、DJのレジェントたちへの深い理解とリスペクトもあり勉強にもなる。ユーモアと本気の、そのいい塩梅のギャップが最高です。そんなマンガの主人公、アゲ太郎をまさか自分が演じるなんて……と、最初は戸惑いました。バカで全力で一直線。そんなアゲ太郎のテンションについていくのに必死でした。正直、「DJととんかつは同じだ!」と、と言われてもちょっと違うんじゃない?って思います(笑)。でも、とんかつビートの中に身を委ねていると不思議と「あ、これ同じかも!?!!」となる瞬間がいくつもあって、それが面白かったです。撮影前にはDJの練習だけでなく、キャベツの千切り練習もかなりしました。おかげで線のように細くリズミカルに千切りできるまで上達しました。


●山本舞香(服部苑子役)
台本を読んだ時、どんな映像や音楽になるんだろうと想像するだけでワクワクしました。私は、クラブに行ったことがなくて、もちろんDJも見たことない! だから、クラブでの撮影は、どんなところなんだろう!?と、かなり好奇心旺盛に観察してしまいました(笑)。苑子はアゲ太郎の憧れの女の子です。アゲ太郎みたいな不器用な男の子を助けてあげる優しさがあり、場を明るくする子だなって思ったので、笑顔を大事に演じました。匠海くんのアゲ太郎はこれまでにない新鮮な感じ。撮影前は変顔して気合いを入れていて。それで、振り切ったお芝居をしているのが面白かったです。


●伊藤健太郎(屋敷蔵人役)
僕が演じた、屋敷はアゲ太郎のライバル的存在。IT企業を立ち上げ、社長業をやりながらDJとしても才能を持つすごいヤツ。一見、無表情でクールなんだけれど根っこにはアゲ太郎くらいアツいものを持っている。その熱量を忘れずに大事にしながら演じました。17、8歳から「売れような」って切磋琢磨してきた匠海とこんないい形で共演できたことは夢のようです。


●伊勢谷友介(尾入伊織/DJオイリー役)
同じ道を志す若いヤツに、いい加減ながら道を指し示すDJオイリーという存在は、今いる自分の立場とも似通う部分が多く、抵抗感なくとても自然な形で役柄に入ることができました。北村くんはもちろん、三代目のチームと一緒にいることが多かったので、若い子たちとの時にくだらなく、時に真面目な会話もとても楽しかったです。なにか没頭できるものをみつけ、パワフルに人生を広げていく若者たちの姿をみることは、それだけでとてつもない幸福感や高揚感を与えてくれる。そのことに、この作品で改めて気づかされました。


●二宮健監督
この度、とんかつもクラブのフロアもアゲられる男「とんかつDJ」を目指すアゲ太郎に負けない、華やかなパワープレイで『とんかつDJアゲ太郎』を実写映画化するという大業を、偉大なキャスト&スタッフチームで成しました。「お客さんに思いっきり楽しんで欲しい!」という熱いバイブスヤバめの一品に揚がっております!
そして、グルーヴ感MAXのキャストたちが、アゲ太郎ワールドの中で、未だ見せたことのなかったコメディセンスをアゲアゲのサクサクで炸裂させてます。揚げたてで早くお届けしたい。
それでは、前人未到のウルトラHAPPYムービーで、皆さんのハートとお腹と耳を満たしに2020 スペシャルイヤー参上致しますので、どうぞお楽しみに!!


●原案:イーピャオ
先走るけど、やるときゃやる! 愛すべき東京ボーイ・アゲ太郎と北村さんとのハマり具合が最高でした! そして彼を取り巻く家族、友達、DJ、憧れのヒロイン……渋谷の道玄坂を一本入れば現実にみんな住んでんじゃないか? って妙な感覚に……この世界、混ざりたいッス!


●漫画:小山ゆうじろう
こんなヘンテコな作品に、日本が誇る超実力・超個性派俳優たちが結集し、結果、良い化学反応が起こりまくっていた! 全キャストのハマり具合にbig up!は言わずもがな、特に、勝又一家の4人からは、グルーヴ感すら漂っていた!


(リアルサウンド編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • 須賀健太「なんでや!コスプレまでしてアピールしたのに!結局旬のやつにとられるんか!」といったとかいわないとか。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • トンカツもDJも、おんなじだ!!
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(14件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定