ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > ジャスティン・ビーバー、音楽活動再開はアリアナ・グランデがきっかけ

ジャスティン・ビーバー、音楽活動再開はアリアナ・グランデがきっかけ

0

2020年01月29日 16:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真アリアナ・グランデに触発されたジャスティン・ビーバー  クランクイン!
アリアナ・グランデに触発されたジャスティン・ビーバー  クランクイン!
 2017年に14公演を残し、パーパス・ワールドツアーをキャンセルした歌手のジャスティン・ビーバー。1月3日に新曲「Yummy」をリリースし、2月14日には『パーパス』以来、約5年ぶりのニューアルバム『チェンジズ』が発表になるが、そのきっかけを作ったのは友人の歌手アリアナ・グランデだったという。ジャスティンのYouTubeオリジナルドキュメンタリー『Leaving the Spotlight ― Justin Bieber:Seasons(原題)』の中で明かされた。

【写真】ジャスティン・ビーバーのよき友人「アリアナ・グランデ」フォトギャラリー

 2019年の野外音楽祭コーチェラ・フェスティバルでヘッドライナーを務めたアリアナは、ジャスティンをステージに上げて一緒にパフォーマンスを行った。この時、ジャスティンはアルバム『パーパス』に収録された楽曲「ソーリー」を披露している。ドキュメンタリーの中では、ジャスティンが間奏中に「ステージには2年くらい立ってなかったんだ。本当に感謝する」と観客に語り、去り際に「それから、アルバムをすぐに出すよ」と告げている。

 ジャスティンとファッションブランド「Drew House」を立ち上げた友人のライアン・グッドは、ジャスティンが当時、「そのタイミングでステージに立つのがいいか、悩んでいた」と語る。ジャスティンのマネージャーのスクーター・ブラウンはジャスティンがステージに立つことに賛成していたとのこと。パフォーマンスすれば、ジャスティンは自分が何者で何をする人間なのかを思い出すことができると確信していたようだ。

 スクーターの勘は当たっていた。休養中だったジャスティンはニューアルバムの制作に着手していなかったが、ステージを降りた途端、ジェネラルマネジャーのアリソン・ケイに「スケジュールを調整してくれ。スタジオに行きたいし、ダンスしたい。ジムにも行きたいし、喉を慣らしたい」と、仕事モードのスケジュールを組むよう求めてきたという。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定