ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > 「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

0

2020年01月29日 16:38  iNSIDE

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

iNSIDE

写真「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント
「マリカー」訴訟、知財高裁が5,000万円の賠償を命じる─MARIモビリティ開発は「内容を精査して引き続き対応」とコメント

株式会社MARIモビリティ開発(当時の社名は「株式会社マリカー」)が行っていた、『マリオカート』を連想させるネーミングの使用や衣装の貸し出し行為について、著作権侵害行為の差止および損害の賠償を求める訴訟を、2017年2月24日に任天堂が起こしました。

昨年5月の中間判決では、MARIモビリティ開発の「マリカー」「maricar」といった表示やコスチュームを貸与する行為などが不正競争行為に該当すると認められ、侵害行為によって生じた損害の金額などの審理が続いていました。

そしてこのたび、知財高裁は本訴訟の控訴審判決にて、MARIモビリティ開発側に5,000万円の賠償を命じたと、共同通信社が報じました。

今回の判決を受け、MARIモビリティ開発は公式サイトにて、「当社の主張が認められなかった部分については誠に遺憾であり、内容を精査して引き続き対応して参ります」とコメントしています。

【関連記事】
・任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴
・任天堂から訴訟された「マリカー」から声明
・「公道マリオカート」に関する東京地裁判決を任天堂が公開―キャラクターコスチューム貸与禁止などが下される
・任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続

任天堂、「マリカー」訴訟の中間判決を報告─被告側が不正競争行為に該当、損害金額等について審理継続.
「公道マリオカート」に関する東京地裁判決を任天堂が公開―キャラクターコスチューム貸与禁止などが下される.
任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定