ホーム > mixiニュース > トレンド > 自動改札機をタッチしやすく

JR東、“タッチしやすい自動改札機”導入へ 新宿・高輪ゲートウェイ駅で実験

154

2020年01月29日 16:43  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真“タッチしやすい自動改札機”のポイント
“タッチしやすい自動改札機”のポイント

 JR東日本は1月29日、Suicaなどの交通系ICカードをタッチしやすいよう改良した自動改札機の実証実験を、新宿駅や高輪ゲートウェイ駅で2月から順次行うと発表した。QRコードを使った改札通過にも対応する。



【その他の画像】



 車椅子の利用者や子どもでも使いやすいよう、ICカードのタッチ部分を斜めに配置。料金を表示するモニターは、改札機の中央に搭載した。通常、切符を挿入する位置にはQRコードリーダーを配置し、紙やスマートフォンに表示したQRコードをかざして改札を通過する方法を検証する。



 実証期間は、新宿駅新南改札が2月1日から9月30日までで、高輪ゲートウェイ駅が3月14日から9月30日まで。いずれも5月10日まではICカードのみの実験で、ICカードの利用者が対象。QRコードを使う実験は5月11日〜6月30日の間に、一般モニターと社員モニターを対象に行う。



 実証期間中、この自動改札機は通常のIC専用改札機として使えるようにする。試験終了後、改札機は順次撤去する。


このニュースに関するつぶやき

  • 金額表示する画面の場所イマイチだなぁ…それより台北のICカードみたいに全部タッチ式にして欲しい。台北のICカードはキーホルダーみたいにぶら下げられて形も色々あって楽しい。クレカとセットの人もいるから無理?
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 自分の様な視覚障害(全盲)者でも、タッチに失敗しにくい物であってほしい。
    • イイネ!39
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(73件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定