ホーム > mixiニュース > トレンド > TDL ベイマックス型ロボが操縦

真っ白まんまるのケア・ロボットがみんなをハピネスに! 新アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」の写真を初公開

27

2020年01月29日 19:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ベイマックスのハッピーライド。小さいハンドルをにぎるケア・ロボットがかわいい
ベイマックスのハッピーライド。小さいハンドルをにぎるケア・ロボットがかわいい

 東京ディズニーリゾートは、東京ディズニーランドの大規模開発で新しくできるアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」の写真を1月29日に初公開しました。



【画像】東京ディズニーリゾートの新エリアのイメージ



 「ベイマックスのハッピーライド」は、トゥモローランドのエリアに新たにできるアトラクション。初公開された写真には、ライドの操縦席に座るベイマックスの姿が。空気がたっぷり入ったベイマックスが忠実に再現されている……! と思いきや、こちらは、いわば「ベイマックス型」のケア・ロボット。映画「ベイマックス」の主人公のヒロが、「みんなに健康になってもらいたい」と新たに開発したものだそうです。



 アトラクションが動き出すと、22体のケア・ロボットがゲストが乗るライドを引っ張ります。ライドの動きは、ケア・ロボットが操縦するため予測不可能。アップテンポな音楽にあわせて、ゲストの「ハピネスレベル」を上げていきます。ファミリー層を中心に人気が出そうな、やさしくてかわいいアトラクションになりそうです。



 白くてまんまるなベイマックスは、公演中のパレード「ドリーミング・アップ!」に登場するほか、東京ディズニーリゾートでもグッズが多数発売されるなど人気のキャラクター。また、映画「ベイマックス」の舞台は、日本をモチーフにした「サンフランソウキョウ」。こうした映画のアトラクションが日本にできるのは、なんだかうれしいですね……!



 「ベイマックスのハッピーライド」は、4月15日の東京ディズニーランドの新エリア公開にあわせて運営開始予定です。


このニュースに関するつぶやき

  • 頭が木魚みたいでたたいてみたくなる。どんな音がするかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 当然これ、柔らかいんだよね?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

あなたにおすすめ

ニュース設定