ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 【インタビュー】映画『AI崩壊』広瀬アリス「初めての刑事役だったので、髪をバッサリ切りました」 三浦友和「若い女性とのバディは初めての経験。楽しくできました」

【インタビュー】映画『AI崩壊』広瀬アリス「初めての刑事役だったので、髪をバッサリ切りました」 三浦友和「若い女性とのバディは初めての経験。楽しくできました」

0

2020年01月30日 10:21  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真三浦友和(左)と広瀬アリス
三浦友和(左)と広瀬アリス

 1月31日(金)に全国公開となる『AI崩壊』は、2030年の日本を舞台に、社会に不可欠な存在となった人工知能=医療AI「のぞみ」の暴走が引き起こす危機を描いたサスペンス超大作だ。本作で「のぞみ」の暴走を引き起こしたテロリストとして追われることになった主人公・桐生浩介(大沢たかお)を追うのが、ベテラン刑事の合田京一と警視庁捜査一課の新米刑事・奥瀬久未。劇中で名コンビぶりを発揮する合田役の三浦友和と奥瀬役の広瀬アリスに撮影の舞台裏を聞いた。




−本作は『22年目の告白−私が殺人犯です−』(17)などのヒット作を送り出してきた入江悠監督のオリジナル脚本による作品です。最初に脚本を読んだときの印象をお聞かせください。

広瀬 とてもスケールが大きくてボリュームのある話だったので、読み終わった後に思わず「フー…」っと息を吐きました(笑)。撮影に入ると、初日から大沢さんがグリーンバックを前に講演をするような大掛かりな場面だったので、「どんな作品になるんだろう?」と完成をすごく楽しみにしていました。

三浦 今は原作ものがすごく多いので、オリジナル脚本でこういう風刺的な題材を扱うということに、まず驚きました。スケール感もあって、すごく面白かったです。

−お二人の軽妙なやり取りが面白く、シリアスな物語の中で息を抜ける部分だと思いました。お芝居の手応えはいかがでしたか。

広瀬 最初に監督から「合田を上司だと思わなくていい」と言われていたんです。「合田さんを目上の人だと思っているのかな?ぐらいの感じでやり取りしてくれた方がいい」と。だから、お芝居するときも「きっと三浦さんが受け止めてくださるはず!」と思って、思い切りよく行きました。

三浦 合田は所轄のたたき上げの刑事で、奥瀬は警視庁のエリートです。だから、そこで面白いギャップが出せるといいなと思い、監督に相談してああいう芝居にしました。「面白かった」と思って頂ければうれしいです。

−広瀬さんは、年上の男性の俳優との共演が得意な印象ですね。

広瀬 年上の方とご一緒する機会が多いんです。逆に、同世代の方が少ないですね。何しろ、同世代の方たちが、制服を着てキラキラした映画やドラマに出ている間、私はテレビ東京で「釣りバカ日誌」(「釣りバカ日誌 〜新入社員 浜崎伝助〜」15〜)をやっていたくらいなので(笑)。だから「頼っちゃおう!」と思って、安心してやっています(笑)。

−三浦さんは、広瀬さんとのコンビはいかがでしたか。

三浦 最初は「きれいなお姉さん」ぐらいの印象しかなかったんです。でも、芝居をしてみたら「才能のある女優さんだな」と思って。おかげで、若い女性とのバディというのは初めての経験でしたが、楽しくやれました。

−それぞれ、お芝居や役作りで心掛けたことは?

広瀬 初めての刑事役だったので、まず見た目から作ろうと、髪をバッサリ切りました。女性らしさを出すよりも、ボーイッシュな感じの方がいいかと思って。25センチ以上は切りました。

三浦 僕も、一人で突っ走る刑事ということだったので、ちょっと変わり者の雰囲気を出そうと、無精ひげにしたり、ボサボサの髪形にしたり、形から作っていきました。桐生を走って追い駆けるシーンでは、とても追いつけるような相手じゃないと思ったので、監督に提案して、途中で彼女に追い越される形にしてもらいました。

−入江監督の印象をお聞かせください。

広瀬 衣装合わせのときにいろいろとお話をさせていただきましたが、「奥瀬はこういう女性で…」とすごく明確に説明してくださったので、とても分かりやすかったです。紙の資料などもいろいろ頂いたので、撮影中、それに沿ってお芝居をしていると、指示も的確で。空き時間は、みんなとにぎやかにしゃべるという感じではありませんでしたが、お芝居に対してはものすごく熱く語ってくださいました。でも、決して怖い雰囲気ではなく、熊さんみたいでかわいかったです(笑)。

三浦 僕はクランクイン前、脚本に関していろいろとやり取りをさせてもらったのですが、ものすごく柔軟に受け入れてくれました。不要な部分に関しては、「これはない方がいいです」とはっきりしていて。しかも、ものすごく知識が豊富。年齢的にはまだ若いけど、すごく信頼できました。

−この作品を通して、AIについてどんな印象を持ちましたか。

広瀬 AIは最近、すごく身近になってきて、日常のいろいろなところで目にするようになりました。でもきっと気付かないところでも、たくさん使われているはずです。もちろん、それはとても便利なものですし、今の生活には欠かせないものですが、全てを預けるのはやっぱり違うなと、完成した映画を見て、改めてそう思いました。

三浦 30年、40年後ではなく、10年後の話なので、ものすごく近いな…という印象ですね。AIの進化も早いので、いずれは感情も学習して、人間を超えていくのかもしれません。ただ、映画とは違って、僕自身はそんなに切迫した危機感は持っていないんです。しょせん、人間が作るものですし、「結局、電源を抜けば終わりじゃないの?」と思っているので(笑)。

(取材・文・写真/井上健一)


『AI崩壊』メイキング写真

もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定