なにわ男子の大西&藤原&大橋が“フライングディスク”に挑戦!「達成感がハンパない」

0

2020年02月03日 17:12  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

2月3日に放送される『なにわからAぇ!風吹かせます! なにわイケメン学園×Aぇ!男塾』(カンテレ、毎週月曜24:55〜※関西ローカル)では、なにわ男子の大西流星、藤原丈一郎、大橋和也が、知る人ぞ知るスポーツ“フライングディスク”に挑戦する。

この番組は、関西ジャニーズJr.内のユニット、なにわ男子とAぇ!groupの2組が切磋琢磨しながら、次世代のスターへと成長を遂げるため、さまざまな企画に挑戦するバラエティ。なにわ男子はさわやか、スタイリッシュ、キラキラをモットーに掲げる「なにわイケメン学園」、Aぇ!groupは汗、涙、根性を教訓に掲げる「Aぇ! 男塾」に通っているという設定となっており、交互に放送される。

また、放送終了後には無料動画配信サービス「GYAO!」にて、全国独占配信。その他、番組連動のオリジナル動画『なにわコスプレ名言学園』も配信される。

今回は、スポーツをキラキラに輝かせる「キラ汗男子」企画。3人が挑戦する“フライングディスク”は、個人と団体合わせて10種目もの競技があるフリスビーのディスクを応用したスポーツで、まずは、元日本代表であり、近畿大学フライングディスク部の監督も務める大島寛さんの指導のもと、技の習得を行っていく。

まっすぐ投げる基本的な技「バックハンドスロー」を教わった3人は、「フリスビーみたいで簡単そう」と余裕の表情。しかし、いざ藤原が実践すると、ロボットのようなカクカクした動きのスローになってしまい、大橋も「なんか、ぎこちない……」とポツリ。そんな藤原とは対照的に、大西と大橋はセンスの良さを感じさせる華麗なスローを披露する。

続いてディスクを掴む「キャッチ」を習得した3人は、いよいよ学んだ技を活かしたゲームにチャレンジ。投げ込まれるディスクを3人で奪い合い、「キャッチ」した後、キラキラしたコメントを言えれば勝ち抜けるというルールのゲームを行い、最後まで残ったメンバーは大島さんによる“鬼トレーニング”を受けることに。

体をぶつけあいながら、必死で飛んでくるディスクを「キャッチ」しようとする3人。接戦の末、12投目で決着が付き、負けたメンバーには「ペッパー」というトレーニング名が告げられる。ここで、これまでの3人の挑戦を見守ってきた近畿大学フライングディスク部の部員から、どよめきが巻き起こる。部員たちも恐れる「ペッパー」とは、いったいどれだけ過酷なトレーニングなのか。

また、番組恒例のフライングディスクの雑学クイズに答えるコーナーを経て、最後は自分で投げたディスクにダッシュで追いつきキャッチする、「スローラン&キャッチ」という技に挑戦する3人。ここで藤原が、「3人で同時に投げてキャッチして、キラキラコメント言って、今日のロケ終わりましょうよ!」と提案する。

しかし、この藤原の発言が思いもよらない展開に発展。3人が同時に「スローラン&キャッチ」を成功させるのは、予想以上に難易度が高く、失敗が続いてしまう。3人の口数も少なくなり、ロケ時間もあとわずか。果たして3人は「スローラン&キャッチ」を成功させることはできるのか。スタジオでVTRを見ていた西畑大吾も思わず、「この番組で、こんだけ感動するVTRが流れるとは思ってなかった」と唸ってしまった感動のラストは必見だ。

また、今回はロケ直後の3人からコメントも到着。以下に紹介する。

大橋:正直、ナメてましたね(苦笑)。

藤原:企画を聞いたときは、キャッチボール程度かなって思っていたんですけど、いざ挑戦してみると、キツくて……。こんなに汗をかくとは思っていなかったですね。

大西:今までのロケで一番汗をかいて、しっかり動きましたね!

大橋:達成感がハンパないです! 疲れすぎて、今、体に力が入らないですもん。

大西:“キラ汗”の違う企画もやりたいですね。

大橋:ほんまに! 他のスポーツにも挑戦したいですね。あれ、丈くん(藤原)黙ってるけど……。

藤原:僕は、ここまで“キラ汗シリーズ”フル出場なんで、もういいかなって(笑)。

大西:前回のダブルタッチはそんなに汗かいてる感じなかったやん!

藤原:あれも結構しんどかったよ。笑いに行きすぎた部分もあったけど(苦笑)。

大橋:誰かが赤点に選ばれたら学長の(ますだおかだの)岡田さんを恨みます。

藤原:今回、赤点はおらへんやろな。

大橋:正直あんまり笑いとってないもん(笑)。

大西:ちょっと待って! 前半、意外とやらかしてない?

大橋:大丈夫! そこは編集でなんとかしてくれるから(笑)。

大西:岡田さんって、序盤の失敗とかしっかり覚えているから怖い。

大橋:なので改めて、いい感じで編集お願いします(笑)。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定