ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「DEATH NOTE」新作読切がSQ.に、ジャンプ+ではネーム版を再掲載

「DEATH NOTE」新作読切がSQ.に、ジャンプ+ではネーム版を再掲載

2

2020年02月04日 13:25  コミックナタリー

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真ジャンプスクエア3月号
ジャンプスクエア3月号
本日2月4日に発売されたジャンプスクエア3月号(集英社)には、大場つぐみ原作による小畑健「DEATH NOTE」の新作読み切りがセンターカラーで掲載されている。

【大きな画像をもっと見る】

2019年に東京・アーツ千代田3331で行われた「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」にて冒頭10ページが初公開され、少年ジャンプ+にて全ページのネームが配信された「DEATH NOTE」の新作読み切り。知能テストで3年連続1位を獲得し日本一頭のいい中学生と称される田中実が死神・リュークからノートを渡され、監視社会とも言える現代でノートを使う様子が87ページで描かれた。なお少年ジャンプ+では読み切り掲載を記念し、昨年公開したネーム版を3月3日までの期間限定で配信しているので読み比べてみては。

このほか今号では出口景の新連載「第9砂漠」もスタート。同作は地上が砂漠化され聖霊水(ヒュドラ)と呼ばれる水の獣が存在する世界を舞台に、“忘れ去られた起源の国”と称される「第9砂漠」を探す男・マオの冒険ファンタジーだ。また赤塚賞で29年ぶりの入選作となったおぎぬまXの「だるまさんがころんだ時空伝」も収録されている。

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定