実は「4年に一度」ではない!うるう年にまつわるトリビア

4

2020年02月07日 08:02  教えて!goo ウォッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

教えて!goo ウォッチ

写真実は「4年に一度」ではない!うるう年にまつわるトリビア
実は「4年に一度」ではない!うるう年にまつわるトリビア
2020年の2月は29日まで。つまり今年はうるう年だ。「うるう年は4年に1度」と誰もが思っているだろうが、その理由をきちんと答えられるだろうか。「教えて!goo」には「2000年から2200年までのうるう年って何回ありますか?」という質問が投稿されている。「4で割ればいいんじゃないの?」と思ったアナタは不正解!実はうるう年には、ちょっとしたからくりがある。日本カレンダー暦文化振興協会に聞いた。

■うるう年は400年で97回訪れる

地球が太陽の周りを1周する日数(公転周期)を基準にした暦を太陽暦と呼ぶ。しかし、地球の公転周期は、正確には365.242…日と、切りのよい数字ではない。1年を365日と固定すると、毎年少しずつ季節がずれていくことになる。そこで、このずれを調整するために設けられたのがうるう年だ。

「紀元前45年、ローマで導入されたユリウス暦では、単純に4年に一度のうるう年を設けていました。しかし、それでもわずかにずれが出ていたため、16世紀後半にローマ教皇グレゴリウス13世の指示により、改良が加えられました。これが、現在日本を含め世界で使われている『グレゴリオ暦』です」(日本カレンダー暦文化振興協会)

グレゴリオ暦は太陽暦の一種。グレゴリオ暦では、うるう年を以下のように定めている。

(1)西暦年数が4で割り切れる年をうるう年とする。
(2)ただし、西暦年数が100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。

2020年は4で割り切れるのでうるう年だ。しかし、2100年は4でも100でも割り切れるが、400で割り切れないのでうるう年ではない。このとき、2096年から次の2104年までの間はうるう年がないことになり、「4年に一度」ではなくなる。

■未解決事件はうるう年に起きている!?

歴史に残る大きな出来事で、うるう年に起きているものを一部紹介しよう。

1964年は、ご存じの通り東京オリンピックが開催された年。東海道新幹線が開通されたのもこの年だ。4年後の1968年には、昭和犯罪史に残る三億円強奪事件が発生した。さらに、三億円事件と並ぶ“昭和の未解決事件”として有名なグリコ・森永事件が起こったのも1984年、うるう年だ。

直近のうるう年は、北海道新幹線開通や伊勢志摩サミット開催などの出来事があった2016年。同年、スマホ向けゲームアプリ『ポケモンGO』や映画『君の名は。』が社会現象となったことも記憶に新しい。

オリンピックイヤーとなる今年、はたして後世に残るビッグニュースは生まれるのだろうか。要注目だ。

●取材協力:一般社団法人日本カレンダー暦文化振興協会
参考文献:岡田芳朗『暦の大事典』

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)



動画が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 2096年から次の2104年までの間はうるう年がない…、そんな先の話をされてもなぁ……
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • そういえば、うるう秒とかもありましたがテレビの時計が正確でなくなり、時計を身に着ける事も減った事で気にする人も減るんでしょうね、
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定