ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > メルセデスF1の2020年型マシン『W11 EQ パフォーマンス』がコースデビュー。まずはボッタスが走行

メルセデスF1の2020年型マシン『W11 EQ パフォーマンス』がコースデビュー。まずはボッタスが走行

1

2020年02月14日 20:41  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真メルセデス2020年型F1マシン『W11』のシェイクダウンを行うバルテリ・ボッタス
メルセデス2020年型F1マシン『W11』のシェイクダウンを行うバルテリ・ボッタス
 メルセデス-AMGペトロナスF1チームが、2月14日、2020年型マシン『W11』を正式に発表、イギリス・シルバーストンでシェイクダウンを行った。

 メルセデスは、正式名称『メルセデス-AMG F1 W11 EQ パフォーマンス』の画像を14日朝に公開、シルバーストンでチーム代表トト・ウォルフ、レースドライバーのルイス・ハミルトンおよびバルテリ・ボッタスのインタビューのライブ中継を行った。その後、最初にボッタスがニューマシンのステアリングを握った。

 この日の走行はF1チームに許可された“フィルミングデー”を利用したもので、走行距離を100kmに制限されるなかで、メルセデスは2.98kmのシルバーストン・インターナショナル・サーキットを使って、プレシーズンテストを前にシステムチェックを行う。

 マシン名において昨年の『EQ パワー+』に代わって使用される『EQ パフォーマンス』について、チームは次のように説明している。

「『EQ パフォーマンス』は、2020年F1カーとその最先端のハイブリッド・パワーユニットを将来のメルセデス-AMGのラインアップの最前線に位置付け、F1テクノロジーが将来のモーターレーシングおよび自動車テクノロジー全体をいかに開拓していくかを示すものである」

 14日午後には、ボッタスに代わってハミルトンがニューマシンで走行する予定となっている。

あなたにおすすめ

ニュース設定