ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > JUN(from U-KISS)、ソンモ(ex.超新星)、ジョン・ヨンファ(from CNBLUE) 実力派K-POPシンガーをピックアップ

JUN(from U-KISS)、ソンモ(ex.超新星)、ジョン・ヨンファ(from CNBLUE) 実力派K-POPシンガーをピックアップ

0

2020年02月16日 12:31  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真JUN(from U-KISS)『22』
JUN(from U-KISS)『22』

 女性が憧れる女性“ガールクラッシュ”で注目を集めるガールズグループや、迫力のあるダンスや個性が人気のボーイズグループ、いまだ世界で人気の韓国ドラマのOSTに脚光が集まりがちなK-POPだが、実はソロシンガーも粒ぞろい。今回はその中でも特に日本のリスナーに親和性の高い実力派シンガー3人をご紹介します。


(関連:w-inds.、Snow Man vs SixTONES、JUN(from U-KISS)、モーニング娘。’20……独創的なスタイル反映させたダンスチューン


■JUN(from U-KISS)
 U-KISSの愛すべき末っ子で、アイドルリブートプロジェクト『The Unit』では1位を獲得、ユニット・UNBのメンバーとしても活躍したJUNは最近、ソロシンガーとしても大躍進。昨年はJUNにとって憧れの人だったと語る韓国のラッパー・Reddyとのコラボ曲「My Way(feat.Reddy)(Prod.Sway D)」を発表。冒頭から“アイドル、アクター、今はラッパー”というリリックで始まるように、彼が経てきた様々な経験をすべて自分のものにしてきた、そのことへの強い自負と誇りを感じさせる。


 韓国では俳優としての人気が先行し、今やドラマに引っ張りだこになっているが、彼自身はあくまで音楽を愛するアーティストであり、表現者。今年1月にリリースした初のミニアルバム『22』を引っさげて東京と大阪で開催したライブでは、もともと得意だったダンスに加えて、ボーカルも格段にレベルアップさせてきた。共にステージを作ったダンサーたちとも仲むつまじく、楽しそうにしていたのが印象的。昨年インタビューした時には、久しぶりの日本でかなり日本語を忘れてしまって……と謙遜しながらも、周囲のスタッフとも日本語で楽しそうに談笑し、いつも周りの人と仲よく、楽しく、そして礼儀正しい姿を見せてくれた。2014年にU-KISSに加入した当初は17歳だったJUNも、今や23歳。ライブでは愛嬌を求める観客に「僕ももう大人になったので、もうやりません!」と宣言していたが、本人が意図しないかわいらしさは健在。年を経るごとに魅力を増しているJUNは、これからもっと魅力的なアーティストになるはずだ。


■ソンモ(ex.超新星)
 2009年に日本デビューした超新星(現・SUPERNOVA)の元メンバーで、現在は日本をメインにソロシンガーとして活躍中。除隊後にリリースした自身3枚目のミニアルバム『セレナーデ』に収録されている「My Angel」では初めて日本語ラップにも挑戦した。2月6日には、ソンモのファンクラブ「Juliet」発足1周年を記念したイベントが行われ、11カ月ぶりの新曲「I Remember」の初披露ステージや楽しいゲームコーナーなどでファンとのコミュニケーションを楽しんだ様子。1年のソロ活動を振り返って「最初は不安だだったけど、日本で活動してよかった」と、率直な気持ちをファンに打ち明けた。ソンモと言えば、聴く人を魅了するあたたかい歌声が最大の特長。彼の歌声には、いわゆる“感性バラード”がよくなじむ。おしゃべりが上手なタイプではないけれど、その分、彼が紡ぐ言葉の一つひとつに重みがあり、書く歌詞には彼のその時の気持ちが伺えるものが多い。誠実な人柄をそのまま映したようなソンモの歌声は、思いっきり歌の世界に浸りたい人にピッタリ。今年6月頃にはソンモにとって4枚目のミニアルバムのリリースも決定しているそう。今後の日本での活動が楽しみだ。


■ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)
 2010年に韓国でデビューしたロックバンド・CNBLUEのリーダー兼ボーカル、ジョン・ヨンファ。その前年に人気ドラマ『美男<イケメン>ですね』に出演していたことから、日本では俳優というイメージを持つ人も多いが、ソロシンガーとしても活躍。2年の兵役を終えて、今年は待望の活動再開となった。CNBLUEのボーカルとしてのヨンファは、オルタナティブロックバンドというベースもあるせいか、とにかくパワフルな印象。日本では武道館での公演が多いが、『サマーソニック』のステージにも立っており、アウェイのオーディエンスを巻き込むタフさも持ち合わせている。だが、ソロのヨンファはより自由で多彩。“CNBLUEのヨンファ”として求められていることから一旦離れて、時にはよりスタイリッシュに、時には愉快に、時には切なく、その表情は曲ごとにがらりと変わる。シンガーとしての幅の広さは、ソロのほうがより強く感じられるかも。2月26日には除隊後初めて、そしてヨンファとしては日本で3枚目のミニアルバム『FEEL THE Y’S CITY』をリリースする。シンガーとしてのヨンファのカムバックを楽しみに待ちたい。(尹秀姫)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定