ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 小関裕太&松岡広大が涙、アミューズ若手俳優大集合「ハンサムライブ」でファンに再会誓う

小関裕太&松岡広大が涙、アミューズ若手俳優大集合「ハンサムライブ」でファンに再会誓う

0

2020年02月17日 04:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

2月15日、16日の2日間にわたり、東京・両国国技館でアミューズ若手俳優が大集合するファン感謝祭15th Anniversary SUPER HANDSOME LIVE「JUMP↑ with YOU」』が開催された。ドワンゴジェイピーnewsでは、最終公演の様子をレポートする。





今年で15周年を迎える通称「ハンサム」で親しまれている本イベントは、ハンサム史上最大規模の会場となる領国抗議間で計4公演開催された。ライブには、石賀和輝、太田将熙、甲斐翔真、小関裕太、正木郁、松岡広大(松岡は16日の夜公演のみ出演)に加え、新加入の渡邊圭祐、鈴木仁、三船海斗、細田佳央太、福崎那由他、田川隼嗣、藤原大祐がチーム・ハンサム!2020として出演。

さらに、16日の夜公演では、アニバーサリーゲストとして、青柳塁斗、猪塚健太、植原卓也、風間由次郎、神木隆之介、桜田通、松島庄汰、水田航生がチーム・ハンサム!として出演した。


オープニング映像では、ハンサムたちがレストランのシェフ、ウエイターに扮しファンをおもてなしするところからスタート。

一曲目の『Beautiful Stranger』は、チーム・ハンサム!2020が全員集合でキレのある揃ったダンスでファンを魅了。続く『THIS IS THE TIME (2019 Remix)』、『Brand New World』では手拍子やコール&レスポンスでファンを熱狂させた。

16日の夜公演のみの参加となった松岡は「やっと出れたよみんな〜!ビシャビシャなんじゃないの?もっと俺が濡れさせてあげる」と観客を煽ると、小関は「『Beautiful Stranger』の時にで『ファイナル!』って言おうとしたけど言えなかった」とお茶目な一面をみせた。また、ハンサムライブ初出演の渡邉が話し出すと、観客からは「かわいい!」の歓声が巻き起こり、渡邉は「今日はこの会場中のかわいいを吸い取っていきます!」と挨拶した。

MCは太田と正木の2人が担当。MCの2人は「一緒に燃え尽きて、愛し合って帰りましょう!」「忘れられない夜にしようぜ」と観客を煽り、続けて両国国技館ならではの座席の枡席をもじって「マスカルポーネ!」と客席に呼びかけ、会場の笑いを誘った。

続いてユニット曲のコーナーに。『キミノリズム』では制服に着替えた田川、福崎、藤原、細田、三船が元気いっぱいな歌声を披露。『桜の街』では甲斐と小関がデュエット、ピンクのサイリウムが一面に広がり、2人のしっとりした歌声に酔いしれた。続く石賀、甲斐、田川、福崎、細田が歌う『A(C)』の曲の前には、ハンサムの面々が女装したVTRが流れ、会場は大いに沸いた。

続く鈴木、藤原、正木、松岡の『MASQUERADE』では、セクシーなダンスを披露。曲中で松岡がチラりと肩を見せる場面もあり、その色気に会場は大歓声に包まれた。太田
、小関、三船、渡邊の『Secret Kiss』では、ロック調の曲に合わせヘッドバンキングも披露。会場もそれに応えるようにサイリウムを振った。

ライブが中盤に差し掛かるとアニバーサリーゲストとしてチーム・ハンサム!の面々が登場。『ButterFly』では、植原、水田が登場。鈴木、正木、松岡と美声を披露した。『君だけのHERO』では、「帰って来たぞ〜!ハンサムヒーロー集合だ〜!」の掛け声で猪塚、風間、松島が登場。田川、藤原、細田と共に観客を巻き込みながら勢いのある歌声を披露した。

続いて、桜田が大歓声の中登場。「ハンサム最終日、少しでもみなさんの思い出になるように、心を込めて歌います」と語ると『White Serenade』を石賀、甲斐、小関と歌い上げた。

そして青柳と神木が登場すると、会場からは大歓声が上がった。2人は太田、小関、渡邊と『Thrill』を披露。神木が曲中で観客にウインクをすると、会場は絶叫に近い歓声が巻き起こった。



『Thrill』の歌唱が終わると、ゲストのチーム・ハンサム!達がひとりひとり一言挨拶。

トークの後は、ハンサム恒例のゲームコーナーに。チーム正木、チーム太田の2チームに分かれ、『キュンファイDEATHマッチ』でバトルをすることに。ゲームのルールは、与えられたシチュエーションに沿って即興で芝居を行い、より多くの観客をキュンキュンさせたほうが勝利というシンプルなもの。

第1回戦目は、正木チームからは男性役に松岡、女性役に細田、太田チームからは男役に太田、女役に藤原が指名された。シチュエーションは「幼馴染の2人。生まれて初めての告白に敗れ、落ち込んでいる彼女に長年の想いを伝える一言」が指定され、即興演技対決がスタート。

先攻は正木チーム。松岡が細田に「お前が悲しい顔すると俺も悲しいんだよ、大好き」と激甘台詞で告白の後、後ろからハグ。その様子に会場は黄色い歓声で沸くも、当の松岡は「なんかさ、もうだめだ〜!もう苦手なんだよ!」と照れ臭そうな様子。

続く太田チーム女性役の藤原の可愛さに一同メロメロな様子。その反応に会場からも「かわいい〜!」と大歓声。「ドキドキじゃなくて、大祐がかわいい!」とハンサム一同もかわいさに絶賛しきりの様子だった。

勝負の勝敗は、会場の観客の拍手の大きさで決定。一回戦目は正木チーム、太田チームの拍手の大きさが変わらず、引き分けという結果に。

そして勝敗を決する二回戦目。正木チームからは男性役に正木、女性役に石賀が指名され、太田チームからは男性役に渡邊、女性役に小関が指名された。二回戦目のお題は「新入社員の同期の2人。仕事で失敗し落ち込んでる彼女に一言」というもの。

先行の正木チームは、正木が石賀をバックハグする場面もあり、歓声で沸いた。続く太田チーム。演技直前まで小関らは調整をしていたようで、カメラマンにカメラワークまで指示。小関を叱る上司役に松島も登場し、最後は渡邊が「お前の心も俺のもの」と決め台詞を言い、後ろから抱き寄せ最後にキスをしようとする。その様子に会場は今日一番の歓声が巻き起こった。

ファンの投票の結果、小関・渡邊の勝利。ゲーム対決は太田チームが勝利し終了した。



そしてライブはラストスパートに突入。全員で『Dear My Girl』を歌い上げ、『So Free!』はチーム・ハンサム!2020、『春の花』チーム・ハンサム!が披露した。『Feel The Same』、『PARTY RIDE』と続き、再びステージに全員集合すると『無礼講!!!』を披露、テンションは最高潮に達し、『親孝行!!!』ではタオルを振り回し、最後は全員でジャンプ。ハンサムライブは大盛り上がりで幕を閉じた。

アンコールではチーム・ハンサム!2020が大歓声の中再登場すると『君がいれば』を披露。続けて『I Treasure You』をしっとりと歌い上げると、全員が一言づつ挨拶。


小関は「今回15周年で、このハンサムが受け入れてもらえるんだろうかっていうのが心配な部分が正直ありました」と心境を吐露。涙ながらに想いを語った。そして「両国国技館という大きな場所で出来たのも皆さんのおかげです」とファンに向けて深々とお辞儀をした。


続く松岡も小関のコメントを受けて、もらい泣き。「裕太が背負っているものを僕も背負って、プレッシャーもありました。だけどここまで本当に素晴らしいステージをみんなでつくれたと思います」と語り、最後には「僕らが皆さんの希望になるから。もっともっとこのイベントを歴史のあるものにして、先輩の意志をついて頑張っていきます。応援してくださいとは言いません、応援してもらえるような男になります」と堂々とした表情で語ると、会場は感動に包まれた。

その後、チーム・ハンサムの面々も登場し挨拶。そこで桜田は「最初コマ劇場からはじまったイベントなんですが、国技館で出来るんだなって。アリーナ、スタジアムと会場を少しずつ大きくしていって、最終的にはドームに。ドームになったら佐藤健くんを呼びたいですね」と切望し、最後には「水田航生くんがセットの後ろで肩甲骨をほぐしていたので、年取ったな」と
暴露。水田は「言うなよ〜」と照れ臭そうに桜田にツッコミを入れ、会場を沸かせた。


そして桜田に続き神木は「後輩たち、素敵でしょ?本当にすごく素晴らしくてパワーがあって素敵だなと。本当に感謝しかありません。みなさんの声が我々の元気とパワーになります」と話し、会場を盛り上げた。

最後に全員で『With You』を披露。ハンサムたちは観客に再会を誓いイベントは幕を閉じた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定