ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 話題沸騰中のJO1『anan』初登場、オーディションを勝ち抜いた煌めきと自信を引き出す

話題沸騰中のJO1『anan』初登場、オーディションを勝ち抜いた煌めきと自信を引き出す

0

2020年02月17日 08:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

3月4日(水)にデビューを控え、人気沸騰中のJO1が、2月26日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』2190号のバックカバーから始まる撮りおろしグラビアに登場、16ページにわたるインタビューも掲載される。



2019 年 9 月から 12 月まで放送された公開オーディション番組『PRODUCE 101JAPAN』(プデュ)。“国民プロデューサー”と呼ばれる投票者たちの熱狂の中、最後に選ばれた 11 人で構成されるボーイズグループ JO1が『anan』に初登場。

『anan』初登場ながら、バックカバーから始まる 16 ページのグラビア&インタビューという大ボリュームで特集。 11 人の今の勢い、溌剌とした初々しさ、過酷なオーディションを勝ち抜いた方々が持つ煌めきと自信などの魅力を引き出すべく撮影された。

インタビューでは、番組中のエピソードや今の JO1 について、自分自身の変化、そして今号の特集テーマである「モテ」と「コスメ&メイク」についても語っている。

撮影当日は、JO1 が結成されてから、11 人が初めて体験するメディア取材日という、貴重な記念日でもあった日。スチールカメラの前でのポージングにまだ慣れていないかも? みんな少し緊張してしまうかも? と『anan』スタッフのそんなちょっとした心配はあっけなく杞憂に終わり、11 人が 11 人とも驚くほど積極的に、次々とかっこいい表情とポーズを決めた。

他のメンバーが撮影している間、準備を終えた他のメンバーが続々と集まってニコニコ眺めたり応援したりする姿も微笑ましく、現場のそんな雰囲気が伝わる写真とインタビューとなっている。

また、作家・朝井リョウによる書き下ろしエッセイも掲載。『PRODUCE 101 JAPAN』の放送をリアルタイムで観賞し、その魅力に引き込まれていったという朝井リョウが、なぜ彼らがご自身の胸を打つのか、このドキドキ感は何なのか、彼らの魅力の正体を、エッセイとして書き下ろした。同じように初めから“プデュ”を追っていた人にも、まだ JO1 を知らない人もぜひチェックしてみていただきたい。


Ⓒマガジンハウス

    あなたにおすすめ

    ニュース設定