反抗するのは元気な証拠!持て余すエネルギーは挑戦する力になる

0

2020年02月17日 11:30  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
いくらかわいい我が子でも不平不満をぶつけられるとお母さんだってイライラ
子どもの言葉の成長は、お母さんにとってうれしい成長の1つ。かわいい声で話し始め、意思疎通ができるようになると対話を楽しむこともできるようになります。そうかと思えば子どもの成長は早く「そんな言葉知ってるの!」と驚かされることも。そしてそのうちお母さんを怒らせるような言葉を使うようにもなってきます。子どもの不平や不満をぶつけられると、対処に困ってうんざりするお母さんもいるのではないでしょうか。


お母さんが調子が悪い時に気がついたこと。反抗のエネルギーは元気な証拠
6歳のAちゃんは、ちょっとおませな女の子。お母さんの真似が大好きでお手伝いもしてくれますが、口げんかも一丁前。ある時Aちゃんが習い事の宿題の難しさに腹をたて、次から次に怒りの言葉でお母さんへ八つ当たりしてきました。体調不良だったのでいつものように理不尽な言動に言い返すパワーがありません。しょうがなく受け流すとAちゃんの怒りは自然と収まっていったのです。そして“不平や不満が言えるのも元気だからなんだな”と我が子の元気度合いを感じました。


反抗や言い訳は、言い返さず受け流すことで十分に気持ちを受け止められる
感情のコントロールがうまくいかない時や問題解決の方法を見いだせない時は、そのもどかしい思いを処理できずぶつけてしまうこともあるでしょう。不快な思いは、言葉に吐き出すと整理できる場合もあります。口達者で不平や不満を言う子が八つ当たりや反抗している時に言い返しても、次々に言い訳や嘘が出てくるだけ。言い訳を正したくなることもありますが、お互いの怒りを増幅しないためにも言い返さず吐き出すのを見守りましょう。


怒りのエネルギーには相当なパワーが必要。そのパワーを違うことに向けよう
子どもがわがままを言い続けたり反発する気持ちは、捉え方を変えれば挑戦し努力するエネルギーをそれだけ備えているということです。 努力するパワーに変換するには子どもが“楽しい”と感じ、夢中になれるものを見つけることが第一歩です。持て余すエネルギーは、何かに一生懸命に取り組むことで発散させてあげましょう。お母さんは子どもが気持ちを投入できるものを見つけるサポートをしましょう。


今日の1日1成長
子どもの反抗には言い返さずに受け流すことで、気持ちを受け止めよう子どもの努力も1成長、お母さんの受容力も1成長。かわさき ちか(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定