ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 永田崇人&阿久津仁愛がW主演を務める音楽劇『プラネタリウムのふたご』、佐藤アツヒロ・大澄賢也・松尾貴史らオールキャスト決定

永田崇人&阿久津仁愛がW主演を務める音楽劇『プラネタリウムのふたご』、佐藤アツヒロ・大澄賢也・松尾貴史らオールキャスト決定

0

2020年02月17日 12:52  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真(上段左から)永田崇人、阿久津仁愛、佐藤アツヒロ、(中段左から)前島亜美、菊池修司、彩吹真央、(下段左から)春風ひとみ、大澄賢也、松尾貴史
(上段左から)永田崇人、阿久津仁愛、佐藤アツヒロ、(中段左から)前島亜美、菊池修司、彩吹真央、(下段左から)春風ひとみ、大澄賢也、松尾貴史
 若手俳優・永田崇人と阿久津仁愛がW主演を務める、音楽劇『プラネタリウムのふたご』のオールキャストが決定。佐藤アツヒロ、大澄賢也、松尾貴史らの出演が明らかとなった。

【画像】音楽劇『プラネタリウムのふたご』イメージビジュアル第二弾

 04年初の三島由紀夫賞候補となった、いしいしんじ氏の心温まる名作「プラネタリウムのふたご」を、ウォーリー木下が脚本・演出を手掛け、音楽劇として上演する本作。この物語の主人公で、プラネタリウムに捨てられ、彗星にちなんで名づけられたふたごの兄弟、テンペル役を永田、タットル役を阿久津が演じ、W主演を務める。
 
 そしてこの度、オールキャストが発表され、ふたごの育ての親になるプラネタリウムの解説員で、通称"泣き男"役に、昨年の舞台「hymns」で主人公の画家オガワ役を11年ぶりに演じて高い評価を得た佐藤アツヒロ。永田演じるテンペルが成長し、入団した手品師一座のテオ座長役には、二枚目役からコメディリリーフ、演出から振付までこなすマルチプレイヤーの大澄賢也。工場長役には、いしいしんじ×ウォーリー木下の一作目となった『つながる音楽劇 麦ふみクーツェ〜everything is symphony!!』(15)にも出演した松尾貴史。そのほか、前島亜美、菊池修司、彩吹真央、春風ひとみほか、さまざまな分野で活躍する面々が集結。

 また音楽は、いしいしんじ作品の音楽劇『麦ふみクーツェ』で、童話的な世界観を見事に彩ったトクマルシューゴが担当。作詞は、ミュージカル『リューン〜風の魔法と滅びの剣〜』でウォーリー木下演出と絶妙なタッグを組んだ森雪之丞が手がける。さらにプラネタリウムのシーンには、日本で唯一の"プラネタリウムクリエイター"大平貴之の監修のもと、スーパープラネタリウム「MEGASTAR」が活躍する予定だという。

【公演概要】
音楽劇『プラネタリウムのふたご』
原作:いしいしんじ(講談社文庫)
演出・脚本:ウォーリー木下
音楽:トクマルシューゴ
作詞:森雪之丞

出演:永田崇人 阿久津仁愛/佐藤アツヒロ/
前島亜美 菊池修司 サイクロンZ 冨森ジャスティン
中山昇 山秀樹 安田カナ 黒木夏海 谷啓吾 田鍋謙一郎/
彩吹真央 春風ひとみ 大澄賢也 松尾貴史

<あらすじ>
だまされる才覚がひとにないと、この世はかさっかさの世界になってしまう。
星の見えない村のプラネタリウムで拾われたふたごの赤ん坊。
彗星にちなんで名前をつけられたふたごは、星の語り部の男に育てられ、ひとりは手品師に、ひとりは星の語り部になった。
おのおのの運命に従い彼らが果たした役割とは?

料金:S席9,500円/A席8,500円 
※U-22 \5,000 チケットぴあのみ扱い(全席指定・税込)
チケット発売日:2020年5月16日(土) AM10:00〜

企画・製作:キューブ / サンライズプロモーション東京

公式HP https://www.planetarium-twins2020.com/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定