ホーム > mixiニュース > トレンド > 大塚家具、高級輸入家具専門店「サァラ麻布」を事業譲受

大塚家具、高級輸入家具専門店「サァラ麻布」を事業譲受

1

2020年02月17日 13:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真サァラ麻布の公式サイトより Image by: 大塚家具
サァラ麻布の公式サイトより Image by: 大塚家具
 大塚家具が、高級輸入家具専門店「サァラ麻布」の事業を譲受すると発表した。事業譲受日は4月1日で、譲受金額は非公開。
【こちらもチェック】ドイツの高級家具ブランド「ロルフベンツ」世界初の旗艦店が青山にオープン、大塚家具が運営

 サァラ麻布は、1974年に西麻布で創業。「キンデル(KINDEL)」や「センチュリー(CENTURY)」「キッティンガー(KITTINGER)」「ズマーニア(SMANIA)」「アンジェロ・カッペリーニ(ANGELO CAPPELLINI)」といった海外の高級家具ブランドを取り扱い、商品価格帯は大塚家具の定義するラグジュアリー(ソファー70万円超〜200万円超)に相当するという。
 大塚家具への事業譲渡に伴い、サァラ麻布は3月10日に閉店。大塚家具は3月25日から商号、主要取り扱いブランド、アフターメンテナンス、顧客を引き継ぐほか、4月頃にIDC OTSUKA 有明本社ショールームにサァラ麻布のギャラリーを設ける。なお、株式会社としてのサァラ麻布の解散時期は未定だという。
【あわせて読みたい】大塚家具がヤマダ電機の子会社に、最大65億円の資金調達

あなたにおすすめ

ニュース設定