ホーム > mixiニュース > トレンド > 「TAIRA MASAKO PRESS OFFICE」主宰の平昌子氏が逝去、パブリシストとしてアート・建築業界に貢献

「TAIRA MASAKO PRESS OFFICE」主宰の平昌子氏が逝去、パブリシストとしてアート・建築業界に貢献

0

2020年02月17日 14:02  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真平昌子氏 Image by: ©︎ 芸術公社 Photo: Naoaki Yamamoto
平昌子氏 Image by: ©︎ 芸術公社 Photo: Naoaki Yamamoto
 「TAIRA MASAKO PRESS OFFICE」主宰の平昌子氏が心不全のため、1月29日に逝去した。46歳だった。

 平氏は1974年大阪生まれ。建築事務所に勤務した後、2000年に建築プロデュース会社で広報に転身し、アートギャラリーを経て2009年に「TAIRA MASAKO PRESS OFFICE」を立ち上げた。「横浜トリエンナーレ」や「G-tokyo」「PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭」「札幌国際芸術祭」「あいちトリエンナーレ」「岡山芸術交流」など国内の芸術祭やアートイベントのPRを手掛け、ヴェネツィア・ビエンナーレの国際美術展・建築展では日本館を担当するなど、パブリシストとしてアート業界と建築業界に貢献した。ビームス創造研究所のクリエイティブディレクター 南雲浩二郎氏はパートナーで、2人の暮らしは雑誌の企画などで取り上げられていた。
 2月20日には「送る会」が、東京・赤坂の草月プラザで開催される。
>>その他の訃報記事 一覧
■平昌子さんを送る会日時:2020年2月20日(木)16:00〜20:00会場:草月プラザ(東京都港区赤坂7-2-21 草月会館1階)会費:5,000円参加や会費などについて:詳細ページ

    あなたにおすすめ

    ニュース設定