ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 唐沢寿明、再び“元外科医の殺し屋”に 『あまんじゃく』続編

唐沢寿明、再び“元外科医の殺し屋”に 『あまんじゃく』続編

1

2020年02月18日 12:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ドラマ特別企画『あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い』2020年春放送(左から)木村多江、唐沢寿明、橋爪功(C)テレビ東京
ドラマ特別企画『あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い』2020年春放送(左から)木村多江、唐沢寿明、橋爪功(C)テレビ東京
 俳優の唐沢寿明が主演し、2018年9月にテレビ東京系で放送された『あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む』の続編として、今春、『あまんじゃく 元外科医の殺し屋 最後の闘い』が放送される。

【写真】元外科医だけにこのポーズ

 唐沢演じる元外科医の殺し屋・折壁嵩男(おりかべ・たかお)が、法で裁けない悪人を成敗しながら、生死を懸けた闘いを繰り広げ、現代医療の狂気を鋭くえぐるクライム・サスペンス。監督は、前作同様『99.9 -刑事専門弁護士-』(TBS)などで大ヒットを連発する木村ひさし氏。さらに、物語を盛り上げる共演者に、主人公・折壁の元恋人で内科医の梶睦子役に木村多江、正体不明の弁護士で折壁に殺しの仕事を仲介するエージェントの横倉義實役に橋爪功が再集結。

 田淵俊彦プロデューサー(テレビ東京 制作局ドラマ室)は、「今回もめまぐるしい展開と息をもつかせぬどんでん返しで視聴者をくぎ付けにする」と息巻き、見どころを2つ上げている。「(1)木村ひさしが巧妙に仕掛けるトリックと謎解き、サスペンスフルな挑戦を視聴者の皆さんはどれだけ見抜けるか? (2)サブタイトルにもあるように、嵩男にとってこれが命を懸けた『最後の闘い』になる。それほど嵩男の今回のミッションはハードで、挑む相手はとてつもない巨悪だ(この巨悪のキャストは後⽇、発表予定です。お楽しみに︕)。しかもその敵は身震いするほど残忍で、強大な権力と財力を持っている。どう見ても勝ち目がない相手に嵩男はどうやって闘いを挑むのか?」

 「これで見納め!」と謳う今作は一体どのような展開となるのか。「『あまんじゃく』のパート2をやると聞いて正直、驚きました」という唐沢は「今回も話の展開はかなりシリアスなのですが、シリアスだけではなく、CGを駆使したトリック満載で結構笑えるところもあって、パート1以上におもしろい仕上がりになっていると思います。真面目にやっているからこそ、笑えるところがある。そこが見どころです。前作よりもさらに色々な意味でパワーアップした大人のエンタメを、是非楽しんで見ていただきたいです!」と、コメントを寄せている。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定