洗濯機のドライコースが便利!洗濯機を上手に使いこなそう!

0

2020年02月18日 12:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl

毎日使っている洗濯機でも、通常コースしか使っていないという人もいるのでは?知っていれば便利なドライコース!今回はドライコースについて、使用方法や注意点をご紹介します。

【詳細】他の写真はこちら



■お家でクリーニング!ドライコースはこんなに便利!

出典:pixabay

間違った洗濯方法で、お気に入りの1枚を傷ませてしまったことありませんか?大切に着ていても、洗濯で失敗したという人も多いはず。「丁寧に扱いたい」「でも毎回クリーニングに出すには費用がかかる」そんな時こそドライコースの出番です!




・もう型崩れさせない!おしゃれ着を上手に洗濯

出典:pixabay

ドライコースは、ワンピースやスカート、ニットなどの洗濯におすすめ。汗などの水溶性の汚れをやさしく落とすのに適していて、型崩れや色落ちが心配な衣類でも、ドライコースならより安心して洗濯できます。また、通常の洗濯洗剤ではなく、おしゃれ着用洗剤(中性洗剤)を使用すれば、より型崩れや色落ちに効果的ですよ。絡まりを防ぐために、少し大きめの洗濯ネットも用意しましょう。




・服のシワにもう悩まない!ドライコース洗濯のポイント

出典:pixabay

リネン素材などのシワになりやすいシャツも、洗濯機マークや手洗いマークの表示がある場合は、ドライコースで洗濯できます。通常の洗濯コースで洗った場合、強い摩擦で毛羽立ってしまうこともあるので、やさしく洗濯するのがおすすめです。また、脱水ジワを軽減するために、脱水の時間は最短時間で設定し、仕上がりのシワを軽くしましょう。脱水後はすぐに取り出し、手のひらで軽くたたいてシワを伸ばすのもポイント。シワを伸ばした後は、すぐにハンガーにかけるようにしましょう。

■ドライコースを使いこなして、目指せ洗濯上手!

出典:pixabay

ドライコースがどのような衣類に対応するのか分かったところで、次に正しい洗い方の手順、注意点についてご紹介します。




・ドライコース1回で洗える洗濯量は少ない?

出典:pixabay

メーカーや洗濯機の種類にもよりますが、一般的に10kg洗いの洗濯機で、約1〜2kgの衣類がドライコースで洗濯できるといわれています。通常コースの場合は、10kg洗いの洗濯機で約7kgの衣類の洗濯が適正とされており、比較するとドライコースでは洗濯できる量は少ないですよね。ドライコースでは使用する水の量が少なく、衣類の量が多いと汚れを落としづらくなり、衣類を傷ませる原因にもなります。決められた量の衣類を洗濯することで、効率よく洗濯機を動かし効果を得ることができますよ。




・ドライコースで上手に仕上げるポイントは?乾燥や柔軟剤は?

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定