ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 関ジャニ∞、最新シングル「友よ」がロングセラー 自主レーベル発足後最大ヒットに

関ジャニ∞、最新シングル「友よ」がロングセラー 自主レーベル発足後最大ヒットに

2

2020年02月18日 12:55  ORICON NEWS

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真関ジャニ∞、最新シングル「友よ」が自主レーベル発足後の推定累積売上枚数トップに
関ジャニ∞、最新シングル「友よ」が自主レーベル発足後の推定累積売上枚数トップに
 人気グループ・関ジャニ∞の最新43rdシングル「友よ」(昨年11月発売)がじわじわと売り上げを伸ばし、発売から3ヶ月近く経った最新2/24付オリコン週間シングルランキングで週間1万1361枚を売り上げ、12位にランクイン。累積売上枚数を32.9万枚に伸ばし、2014年8月25日に自主レーベル「INFINITY RECORDS」を発足後、最大のヒット作品となった。

関ジャニ∞のプロフィール

 関ジャニ∞は自主レーベル発足から5年半で、14枚のシングルをリリースしてきた。そのうち、累積売上枚数トップは15年8月にリリースした「前向きスクリーム!」で31.9万枚(※「十五催ハッピープライス盤」との合算)だった。

 最新シングル「友よ」は、5人体制となって初のシングル。大倉忠義が「強い言葉が前に出てきていて、歌謡曲っぽい感じもあったりして、今までの関ジャニ∞にありそうでなかった」曲と語るとおり、懐かしさを感じるメロディーに乗せ、「なぁ友よ 人生って最高だろう?だからやめられないんだろう」「この身に代えてでも守りたいものは1円にもならない“信念”てやつだったりするんだよ」などと熱くグッと来るメッセージを熱唱し、歌うたびに話題を呼んだ。

 関ジャニ∞ファンのみならず幅広い層に支持が広がり、ロングセールスを記録している同曲は、別れと出会いのシーズンにピッタリの曲とあり、今後、卒業式や入学式シーズンにもセールスを伸ばしそうだ。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定