ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『スカーレット』“アンリ”烏丸せつこの語りに感動の声「小池アンリ劇場」

『スカーレット』“アンリ”烏丸せつこの語りに感動の声「小池アンリ劇場」

0

2020年02月18日 13:32  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『スカーレット』第116回より  クランクイン!
『スカーレット』第116回より  クランクイン!
 戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第20週「もういちど家族に」(第116回)が18日に放送され、小池アンリを演じる烏丸せつこの語りに、視聴者から反響が寄せられた。

【写真】小池アンリ、語りのシーン

 照子(大島優子)が上等な肉を持って喜美子を訪ねてくる。居合わせたアンリ(烏丸せつこ)を紹介すると、夕食をみんなで食べることに。喜美子は信作(林遣都)にも声を掛け、準備を始める。そして信作は八郎(松下洸平)を連れてくる…。

 川原家を久しぶりに訪れ緊張した面持ちの八郎。そんな彼を喜美子も気を遣いながら迎える。台所でぎこちないやりとりをする2人を、居間から心配そうに見つめる信作と照子。一方のアンリは不思議そうに眺めている。すき焼きの準備ができてみんなで食事を始めると、照子はアンリに女優として活躍していた頃のことを聞く。アンリは女優として2本の映画に出演したものの、愛する男性から女優業をやめるよう頼まれて引退したことを明かす。

 アンリは八郎に対して「川原ちゃんこの前、ワイン飲んで酔っ払ってなぁ」と話し始めると、喜美子から「楽しいことばっかり思い浮かべるのが得意やったはずやのに、うまいこといかへん、悲しいことが浮かんでしまう。どうしようもない思い出を振り返ってしまう」と打ち明けられたことを語る。

 さらに、「楽しい楽しいだけやのうなっていく。酔いに任せて誰かの名前を呼んでしまう、みっともなく泣いてしまう…しゃあないな、年取ったんや、それが年を取るいうことや」と優しく語るのだった。

 しんみりとする一同だったが、酒が入り5人はダンスに興じることに。しばらく喜美子が1人で生活していた川原家に、久しぶりに大勢のにぎやかな声が聞こえる。

 喜美子と八郎が再会した第116回について、ネット上には「こんなシーンもう一度観れるとは思わなかった涙」「喜美子と八郎さんの再会嬉しい」「笑いと涙が止まらない」などの声が相次ぎ、さらに「アンリー!いい仕事しすぎ!」「小池ちゃんの語りで涙ポロポロ」「小池アンリ劇場やった…」といった投稿も集まった。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定