ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > ハイレゾストリーミングの「モーラ クオリタス」にモバイルアプリ登場 ダウンロード機能も

ハイレゾストリーミングの「モーラ クオリタス」にモバイルアプリ登場 ダウンロード機能も

0

2020年02月18日 15:33  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「mora qualitas」(モーラ クオリタス)
「mora qualitas」(モーラ クオリタス)

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは2月18日、ストリーミング音楽配信サービス「mora qualitas」(モーラ クオリタス)でスマートフォン用アプリ(iOS、Android)の提供を始めた。App StoreとGoogle Playストアから無料でダウンロードできる。



【その他の画像】



 モーラ クオリタスは、元のデータに戻せる可逆圧縮方式のFLACを使い、CD相当(16bit/44.1kHz)やハイレゾ相当(24bit/44.1k〜96kHz)の楽曲をストリーミング配信するサービス。2019年11月のサービス開始以降、Windows/mac OS用のアプリで提供していたが、5Gサービスが見えてきたタイミングでバイルアプリを追加する。サービス料金は月額1980円(税別)。



●オフライン再生機能や帯域管理設定を追加



 モバイルアプリでは、新たにオフライン再生機能や帯域管理設定を追加した。自宅のWi-Fi環境で端末内に楽曲をダウンロードしておけば、外出中はデータ通信量を気にせずに音楽が聞ける。



 帯域管理は、利用している通信手段や通信速度(帯域幅)によって機能を制限する機能。例えばWi-Fi接続がないとハイレゾのストリーミング再生や楽曲ファイルのダウンロードを行わない設定にできる。



 なお、ハイレゾ音源再生の音質は使用する端末などによって変わる。通常、iOS端末では24bit/48kHz出力、Android端末は多くの場合で16bit/48kHz出力となってしまうが、ハイレゾ対応のDAC(デジタル・アナログコンバーター)を内蔵したスマートフォンやAndroid搭載「ウォークマン」などではハイレゾ音質で再生できる。iOS端末では、市販の外付けDACを組み合わせれば情報欠落のないビットパーフェクト再生にも対応する。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定