ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 娘を愛せない 自身に苛立つ母

「15歳になる娘の全てに興味が持てない」と苦しみ苛立つ39歳母親 鴻上尚史が紐解いた「娘に嫌悪感」を持つ理由

147

2020年02月18日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真作家・演出家の鴻上尚史氏が、あなたのお悩みにおこたえします! 夫婦、家族、職場、学校、恋愛、友人、親戚、社会人サークル、孤独……。皆さまのお悩みをぜひ、ご投稿ください(https://publications.asahi.com/kokami/)。採用された方には、本連載にて鴻上尚史氏が心底真剣に、そしてポジティブにおこたえします(撮影/写真部・小山幸佑)
作家・演出家の鴻上尚史氏が、あなたのお悩みにおこたえします! 夫婦、家族、職場、学校、恋愛、友人、親戚、社会人サークル、孤独……。皆さまのお悩みをぜひ、ご投稿ください(https://publications.asahi.com/kokami/)。採用された方には、本連載にて鴻上尚史氏が心底真剣に、そしてポジティブにおこたえします(撮影/写真部・小山幸佑)
 鴻上尚史の人生相談。「息子は愛せるのに15歳になる娘はどうしても愛せない」と自身に苛立つ39歳母親。だが罪悪感を感じるという相談者に、鴻上尚史が訊ねたのは、相談者の文面で気になるいくつかの言葉。

【相談57】息子は愛せるのに、娘のことをどうしても愛せません(39歳 女性 母親失格)

 どうしても、娘を愛せません。15歳になる娘を、生まれた時から、愛せなくて苦しいです。何故だかわかりません。下の息子は産んだ瞬間から愛おしさが溢れて、今もかわいくてたまらないのに、娘に対しては憎しみすら感じるほどです。産んだのだから義務は果たそうと、毎朝お弁当を作り、仕事から帰ってすぐに夕飯作りをし、洗濯ものをたたみます。けれど、娘の帰りが遅くなろうと、他の母親達のように迎えに行ってやろうというような気持ちにはなれません。彼女の全てに興味を持てません。娘に出来るだけ関わりたくなくて、中学から大学まで附属の私立に入れました。教育費を払うのは親の義務だと思うので払っています。

 でも、この子さえいなければこのお金をもっと楽しい事に使えるのにと思うと苛立ちます。息子にはそのような感情は今のところありません。学校の事もそこそこきちんとやり、意欲をもって部活に取り組み、言えば手伝いもする娘です。けれど、だらしないです。でもこのくらいのだらしなさは許容範囲だと思うのに、何故か許せません。子供の頃から愛せなくて、でも周りにいい母親だと思われたくて一生懸命演技していました。いつも周りの目を気にしていました。

 息子の子育ては娘と違い、人の目が気になりません。自分でも何故なのかわかりません。彼女の嫌な所は全て私に似ていると思います。自己中心的な所、無駄にプライドが高い所、周りを気にしながら騒ぐ所、見栄っ張りな所。その全てに嫌悪感を感じます。だからと言って自分が嫌いだとか、そういうわけではありません。ただただ、娘が嫌いです。娘を愛せたら、この子の子育てをもっと楽しめたら、もっと楽になるのに。人生が豊かになるのに。それをわかっているのに、どうしても彼女を受け入れる事が出来ません。

 彼女も最近では私を憎みだしているように思います。ますます嫌になります。今は、早く大学を出て就職して家を出ていってもらいたい、それしかありません。息子に対する愛情の1割でも良い、娘に対して愛情を持ちたいです。罪悪感はあります。でも、もう遅いだろうなとも思います。毎日、毎日、彼女の顔を見るたびに早く出ていけと思ってしまうこの心をどうにかしたいです。人の話を聞くのが大嫌いでカウンセリング等も行きたくありません。大好きだった夫への愛情も冷めてくるほど娘への憎しみが私の心を支配してきているように感じます。

【鴻上さんの答え】
 そうですか。母親失格さん。いや、すごい名前をつけましたね。これでは、呼びかけるたびに、レッテルを貼っているようですね。それは嫌なので、「あなた」と呼びますね。

 あなたは娘さんを愛せないんですね。そして、その理由が分からないんですね。

 じつは、『ほがらか人生相談』では、母親からの「娘を愛せない」という相談はわりとあります。珍しくないのです。

「息子を愛せない」という母親からの相談はまだ来ていません。相談は、今のところ、すべて、「娘を愛せない」というものです。

 さて、あなたの相談で気になったのは、以下の部分です。

「彼女の嫌な所は全て私に似ていると思います。自己中心的な所、無駄にプライドが高い所、周りを気にしながら騒ぐ所、見栄っ張りな所」

 じつに冷静な分析だと思います。娘さんと同時に自分をしっかりと見つめています。

 これらの特徴はネガティブなことなので、あなたが娘さんの性格に「その全てに嫌悪感を感じます」と書くのは当然だと思います。

 でも、同じ特徴を持つ自分に対しては、あなたはこう書きます。「だからと言って自分が嫌いだとか、そういうわけではありません」

 僕からすると、じつに不思議な流れです。自分と娘さんは同じ「嫌な」性格なのに、娘さんにだけ「嫌悪感を感じ」、同じ「嫌な」性格の自分は嫌いにならないと言うのです。

 自分の性格を自分で「嫌な所」と書きながら、どうして、娘さんには「全てに嫌悪感」を感じ、自分は「嫌な」性格なのに平気なのでしょう。

 考えられる理由としては、娘さんのことはもともと大嫌いだから「嫌な」性格に嫌悪感を持ち、自分のことは大好きだから、「嫌な」性格も気にならない、ということでしょうか。

 でも、相談ネームを「母親失格」とするぐらい、あなたは自分で自分を責めていると僕は感じます。「嫌な性格をまったく気にしない、私は自分が大好きだ」とは思っていないと考えられるのです。

 なのに、本当に「自分が嫌いだとか、そういうわけでは」ないと感じているのだとしたら、僕が考える理由はひとつです。

 自分を嫌いになる代わりに、娘さんを嫌いになることで、「自分が嫌いという感情」を処理しているのではないかということです。

 自分を嫌いになりたくないから、他人を責めて感情のバランスを取るという心理です。自分が不安な時、自分より弱い立場の人を責めて安心したり、誰かのミスを激しく責めたててネガティブな感情を発散させる心の動きです。

 娘さんが生まれる前、あなたはあなたのことが好きでしたか? それとも嫌いでしたか? そんな意識はなかったですか?

 息子さんに対して問題ないのは、異性なので、自分と同一視できないからじゃないかと僕は考えます。娘さんは、同性なので、自分を見るように感じてしまう。そして、あなたが自分を嫌いだからこそ、自分の分身である娘さんを嫌いになるんじゃないかと思うのです。

 と、いうようなことをカウンセリングのように書いていますが、もちろん、当っているかどうかなんて分かりません。

 じつは、もうひとつ、気になっていることがあります。そんなに長くない相談の文章の中に、あなたは三回も「何故だかわかりません」「何故か許せません」「自分でも何故なのかわかりません」と書いています。

 自分で自分が分からないと繰り返し主張しているのです。

 自分で自分が分からなければ、他人の手を借りるしかありません。けれど、あなたは、「人の話を聞くのが大嫌いでカウンセリング等も行きたくありません」と、わざわざ書くのです。

 僕には、「この箱の中には何が入ってるか、全然分からないんだ! 全く分からないんだ! ちっとも分からないんだ! でも、絶対にこの箱は開けるなよ! 絶対に開けないからな!」と叫んでいる人のように見えます。中を知りたいという気持ちと、絶対に知りたくないという気持ちが、激しくぶつかっているように感じるのです。

 でね、じつは、事態は、一刻も早く誰かに相談する時期に来ていると僕は思っています。

 このままだと、事態はどんどん深刻になっていく可能性が高いです。

「彼女も最近では私を憎みだしているように思います」と書いていますが、事態がこじれると、とてもやっかいなことになります。娘さんとの関係が暴力的に壊れる可能性もあるし、それが息子さんや夫との関係さえも壊してしまう可能性もあります。脅しではないですよ。娘さんが肉体的に爆発したり、自分を傷つけたり、娘さんに対する態度を見て息子があなたに対して絶望したりと、可能性はたくさんあります。

 15歳でも、全然、遅すぎることはありません。逆に、娘さんは15歳ですから、ちゃんと話せる年齢になりつつあります。3歳の娘に感じる憎悪とは違うのです。

 繰り返しますが、「娘を愛せない」という悩みは、珍しいものではありません。クリニックのカウンセリングや地域の子育て支援センターや児童相談所などに勇気を持って相談して下さい。

 だって、一番、苦しいのはあなたじゃないですか。それは自分でも分かっているでしょう。でも自分だけでは解決できないのです。「子供を愛さなければいけない」という強い義務感は、「私は私を愛さなければいけない」という強迫観念とつながっていると僕は思っています。そして、自分を愛せない人、親に愛されなかった人が特に「子供を愛さないといけない」という義務感に苦しめられると思っているのです。いえ、ひょっとしたら、他の理由かもしれません。それを確かめるのです。

 まだ、間に合います。なにより、「人の話を聞くのが大嫌い」と書いているあなたが僕に相談したのです。

 どうか、勇気を持って、相談に出かけて下さい。それが、あなたが少しでも楽になる唯一の方法だと僕は思います。

■本連載を書籍化した『鴻上尚史のほがらか人生相談』が発売後たちまち4刷出来! 全国書店などで大好評発売中です! ★Amazonでも発売中!

【おすすめ記事】「4歳の娘が可愛くない」とSOSを出す母親に、鴻上尚史がまず最初に聞いたこと


このニュースに関するつぶやき

  • この母親の親との関係が分かるともっと見えてくるものがあるだろうな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 悩んで苦しんで投稿しているあたり、それなりに娘さんを愛しているように私は思うのだけど。 完全に愛してなかったら悩み相談なんて絶対しない。
    • イイネ!91
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(83件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定