ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > WHOをかたる詐欺メールに注意

WHOをかたる詐欺メールに注意 新型コロナの感染拡大に便乗

117

2020年02月18日 18:43  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真WHOの発表
WHOの発表

 世界保健機関(WHO)が、同機関や所属職員をかたる詐欺メールが出回っていると注意を呼び掛けている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の緊急事態宣言に便乗し、メールの受信者に個人情報の提供を促すという。



【その他の画像】



 詐欺メールのドメインは「@who.com」「@who.org」「@who-safety.org」など(WHOの正しいドメインは「@who.int」)。メール内の誘導リンクも、「https://www.who.int」で始まるもの以外は、WHO公式サイトのURLではないという。



 偽サイトへの誘導リンクをクリックしたり、添付ファイルを開封したりすると、マルウェアに感染する恐れや、機密情報が盗まれる可能性があるという。万が一、開いてしまった場合は、各サイトで使用しているログイン名やパスワードなどを直ちに変更する必要があるとしている。



 WHOは「(われわれが)ログイン情報を提供するよう促したり、寄付を直接募ったりすることは一切ない」と説明。万が一、WHOからと思われるメールを受け取った場合は、同機関に直接確認もできるとしている。


このニュースに関するつぶやき

  • まぁWHOが個人にメールを乱発するわけがないのだが…
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 未だにシナを絶賛する傀儡WHOからのメールなんて、本物でも開かずにポイだわ(笑)
    • イイネ!66
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(79件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定