ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ドルトムントを勝利へ導いたのはやはりあの男! 1点リードで第2戦パリへ

ドルトムントを勝利へ導いたのはやはりあの男! 1点リードで第2戦パリへ

2

2020年02月19日 06:52  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真ドルトムントは新加入の怪物アーリング・ハーランドの2得点でパリに勝利した [写真]=Getty Images
ドルトムントは新加入の怪物アーリング・ハーランドの2得点でパリに勝利した [写真]=Getty Images
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが18日に行われ、ドルトムントがホームにパリ・サンジェルマンを迎えた。

 パリは10分、ネイマールが倒されエリア付近でフリーキックのチャンスを得る。ネイマールがキッカーを務めると、狙いすましたシュートはゴールのわずか右に外れるが最初の決定機を演出した。

 一方のドルトムントは14分、相手のコーナーキックをクリアすると一斉に攻撃に転じ、素早いカウンターを仕掛ける。ボールを持って上がったサンチョのシュートは枠を捕えず先制点とはならなかった。その後もドルトムントはテンポよく攻撃を仕掛けるがパリのGKケイラー・ナバスを中心とした守備を崩せず一進一退の攻防が続く。

 パリは66分、徐々に攻撃のリズムが合い始めると、キリアン・エンバペとネイマールが連続で強烈なシュートを放つ。しかしいずれもゴールネットを揺らすことはできず均衡した展開が続く。

 するとドルトムントは69分、ついに均衡を崩す。アクラフ・ハキミのクロスをラファエル・ゲレイロが合わせるもこれは相手DFに弾かれる。それでもそのこぼれ球をアーリング・ハーランドが押し込んで先制に成功。今冬チームに加わった怪物が結果を出した。

 それでもパリは75分、エンバペが右サイドを強引にこじ開けてクロスを供給。ゴール前に走りこんでいたネイマールにピタリと合ってすぐさま同点に。パリは敵地で貴重なアウェイゴールを挙げた。

 その直後の78分には再びドルトムントが勝ち越しに成功する。マッツ・フンメルスのフィードを受けた17歳のジョヴァンニ・レイナがハーランドにパスを供給。するとハーランドが思い切り左足を振りぬいてボールはゴールへ一直線。強烈なゴラッソで2点目を挙げ、やはりこの怪物がチームを救った。

 試合はそのまま終了し、ホームのドルトムントが2−1でパリ・サンジェルマンに勝利した。パリのホームでのセカンドレグは3月11日に行われる。

【スコア】
ドルトムント 2−1 パリ・サンジェルマン

【得点者】
1−0 69分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
1−1 75分 ネイマール(パリ・サンジェルマン)
2−1 77分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)

このニュースに関するつぶやき

  • メッシ、C.ロナ後はエムバぺで決まりと言われてるがこの19歳ハーランドもその候補に名乗りを上げて来たんではないかと思わせるくらい観ててインパクトある選手だ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定