ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 『シャイニー・シュリンプス!』7月公開 同性愛者を嫌うコーチとゲイの水球チームが出会う特報も

『シャイニー・シュリンプス!』7月公開 同性愛者を嫌うコーチとゲイの水球チームが出会う特報も

3

2020年02月19日 07:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』(c)LES IMPRODUCTIBLES, KALY PRODUCTIONS et CHARADES PRODUCTIONS
『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』(c)LES IMPRODUCTIBLES, KALY PRODUCTIONS et CHARADES PRODUCTIONS

 フランス映画『The Shiny Shrimps(英題)』が、『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』の邦題で7月10日に全国公開されることが決定し、あわせて特報映像とティザービジュアルが公開された。


参考:動画はこちらから


 本作の主人公は、同性愛者への心ない発言の罰として、ゲイのアマチュア水球チームのコーチをすることになった、元オリンピック・銀メダリストの水泳選手マチアス(ニコラ・ゴブ)。マチアスに課されたミッションは、弱小チーム「シャイニー・シュリンプス」を3ヶ月後にクロアチアで開催される世界最大のLGBTQ+五輪“ゲイゲームズ”に出場させること。しかし、メンバーは勝ち負けにこだわらない“パーティー好き”なお調子者の集まりだった。果たしてマチアスはチームをまとめることができるのか?


 陽気で個性的な面々が集まるシャイニー・シュリンプスは、実在する水球チームをモデルにしており、メンバーの一員でもあるセドリック・ル・ギャロが監督・脚本を務めている。ル・ギャロ監督は本作について「奇異で過激と見られようと自分を貫く自由な仲間との旅は、人生観が変わるほどの経験だった。何よりも、辛い現実をユーモアで乗り切る彼らの圧倒的な強さを知ってもらいたいという思いから、この映画は誕生した」とコメントしている。


 公開されたティザービジュアルでは、「人生楽しんだもん勝ち!」というコピーとともに、海を見つめるシャイニー・シュリンプスとひとり反対方向を向くマチアスの姿が切り取られている。


 特報映像は、「お前らブッつぶす! 我らシャイニー・シュリンプス!」というチームのかけ声から始まり、シャイニー・シュリンプスのメンバーと、コーチとしてやってきたゲイを嫌うマチアスの出会いのシーンや、徐々にマチアスとシャイニー・シュリンプスが心を通わせていく様子が描かれている。 (文=リアルサウンド編集部)


このニュースに関するつぶやき

  • シャイニー・シュリンプス、直訳したら“輝く小エビ達”
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定