ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > 新型iPhone発売目前の予兆? iOS 13.4ベータ版リリース

新型iPhone発売目前の予兆? iOS 13.4ベータ版リリース

1

2020年02月19日 07:02  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 Appleは2月10日、初めてApple Beta Software Program向けの「iOS 13.4 Public Beta 1」を公開した。その5日前には、開発者向けのベータ版もリリースされていた。


(参考:新型iPhone SE 2のケースが早くも販売へ 発表前のケース商戦はすでに激化


 『Macworld』は、未確認情報としながらも「廉価の新型iPhone SE 2 / iPhone 9が3月に発売されるという噂が事実であれば、新モデルをサポートするiOSをリリースしテストを開始するよいタイミングだ」という見方を示している(参考:https://www.macworld.com/article/3519610/ios-13-4-features-release-date-beta-how-to-install.html)。


・目玉は「iCloud Driveのフォルダ共有機能」
 『9to5Mac』はiOS 13.4ベータ版の機能の一覧を掲載し、解説動画も公開している(参考:https://9to5mac.com/2020/02/06/ios-13-4-beta-1-changes-features-whats-new-video/)。


 その新機能の中でも『9to5Mac』は「iCloud Driveのフォルダ共有機能を今回のアップデートで最も注目すべき変更の1つ」としている(参考:https://9to5mac.com/2020/02/10/ios-13-4-public-beta-release/)。


 iCloudDriveフォルダー共有により、フォルダーへのアクセス権を持つ全員がそのフォルダーのコンテンツを見ることができる。メールアプリも更新され、iOS 13で導入されたツールバーのデザインが戻った。


・iPhoneやApple Watchが車の鍵になる
 CarKey APIも注目の機能だ。NFC対応の車でこのAPIを使用すると、iPhoneやApple Watchで、ロック、アンロック、エンジン始動をすることができるようになる。この機能はまだ実装されておらず、公開までにはまだ時間を要するという。


 CarKey APIは、Face IDで認証する必要はなく、BlueToothの低エネルギーと超広帯域無線により、iPhoneやApple Watchがバッテリー切れでもワイヤレス・カーキーとして機能するという(参考:https://9to5mac.com/2020/02/05/new-carkey-feature-in-ios-13-4-beta-brings-built-in-support-for-unlocking-driving-and-sharing-nfc-car-keys/)。


 ペアリングプロセスはウォレットアプリを介して行い、その後に自動車メーカーのアプリでセットアップを進める。ユーザーは、最初に車内のNFCリーダーの上にiPhoneを配置すると、ウォレットアプリでCarKeyが使用可能になる。Apple Watchにも簡単にキーを追加できる。


 また、CarKeyを家族などとも共有できるのは、興味深い。ドライバーは、ウォレットアプリを介して自分のAppleデバイスのキーにアクセスできるように招待することも可能だ。


 Appleは既に複数の自動車メーカーとCarKeyの実装に向けた取り組みを進めているが、おそらくは、iOS 13.4が正式にリリースされるまで、待つ必要があるだろう。


(Nagata Tombo)


このニュースに関するつぶやき

  • 本当に3月に発売されるのですね。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定