ホーム > mixiニュース > コラム > クルーズ船の集団感染に政府の判断ミスも 専門家「医療の歴史に残る一大事故」

クルーズ船の集団感染に政府の判断ミスも 専門家「医療の歴史に残る一大事故」

20

2020年02月19日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真停泊する大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号=2020年2月14日 (c)朝日新聞社
停泊する大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号=2020年2月14日 (c)朝日新聞社
 新型コロナウイルスの集団感染が発生した大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」。感染拡大の背景として、対応上の不手際も大きいという。感染の理由やウイルスについて現状から類推できることを、複数の専門家に聞いた。(※本記事は14日に取材し、その時点の情報に基づいて執筆しています)

【写真】ご用心!新型肺炎に便乗した「コロナウイルスメール」はこちら

*  *  *
 2月に入り、国内で新型コロナウイルス感染の報告が相次いでいる。2月13日、都内でタクシーを運転する70代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。男性は中国からの観光客などを乗せていたという。さらに同日、この男性の神奈川県の80代の義母が死亡、和歌山県では50代男性医師の感染が、この原稿を執筆している14日には和歌山の70代男性、沖縄県の60代のタクシー運転手女性の感染などが報告された。

 昨年12月31日に世界保健機関(WHO)に新型ウイルスが報告されてから1カ月半。武漢市を中心に広がった感染者は、厚生労働省の発表をもとにアエラが集計したところ、13日までに確認されているだけで、中国以外の世界27の国と地域で568人にのぼる。

 現実のものとなったパンデミックに、新型ウイルスへの不安は広がるばかりだ。

 当初3711人が乗船していた大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」では、乗員乗客あわせて218人もの感染者が確認された(13日現在)。同船が横浜に入港したのは3日だった。その後感染者が出たため停泊していたが、加藤勝信厚生労働相は、13日、重症化リスクが高い高齢者らを優先的に下船させる方針を明らかにした。

 クルーズ船内の感染者数は、新型ウイルスの強い感染力を裏付けているようにも見える。

 だが、感染拡大には、対応の不備もあると専門家は指摘する。医療ガバナンス研究所(東京)理事長の上昌広医師は、クルーズ船をめぐる政府の対応を批判する。

「乗員乗客をすぐに全員検査するべきでした。イタリアでは同じようなクルーズ船(コスタ・スメラルダ号)が12時間くらいで乗客を解放しており、対応がまったく違いました。誰でも検査するロジスティクスを国がするべきでしたが、検疫は高度専門技術であり、感覚がわからなかったのでしょう」

 今回の措置は「医療の歴史に残る世界の一大事故」だという。

「一度流行すれば発症者だけ外に出しても無意味で、船の中で感染が広まります。クルーズ船にも検疫にも慣れていない日本のミスでした」(上医師)

 菅義偉官房長官は、10日の会見で「現状においては、(全員の検査は)厳しいものがあると思う」と述べたが、同日、加藤厚労相が全員の検査を検討していることを明らかにした。12日になって、国と国立感染症研究所は、感染の検査を大手臨床検査受託会社エスアールエル(SRL、東京)に依頼。入港後1週間以上経過してから軌道修正を図ろうとしているようだ。

「外部に委託すればすぐにできる検査だったにもかかわらず、判断ミスによって感染を広げたのです」(前出の上医師)

 船内でここまで感染が拡大した理由について、ナビタスクリニック(東京・立川、新宿)の内科医・山本佳奈医師は、コロナウイルス自体の生命力の強さを指摘した。

「新型に限らず、コロナウイルスはドアノブや手すりで平均2時間から9日生き残るという研究があります。インフルエンザウイルスは最大2日といわれますから、大分しぶとい印象です」

 船内は密室のため、接触感染の可能性も高くなる。食事の配膳をする乗務員やドアノブなどを媒介して、ウイルスが広がっていると想定できるという。

 さらに、山本医師は別の懸念を持っている。すでに国内で感染が拡大している可能性だ。

「インフルエンザ検査が陰性だった人のなかに、新型コロナウイルス感染患者もいるかもしれないと思いながら日々診療しています」(山本医師)

 これも国側の対応に起因する懸念だ。現在は自治体判断で検査できるようになったが、しばらく湖北省への渡航・接触歴がある人しか検査が受けられない状況があり、感染者の見逃しが起きた危険がある。

「中国は状況がアップデートされるので現状がまだわかりやすい。日本は感染がどんな規模で起こっているのか確かめることが難しかった。五輪を前に感染者数を増やしたくないのでは、とも勘繰ってしまいます」(同)

(編集部・福井しほ、小田健司)

※AERA 2020年2月24日号より抜粋

このニュースに関するつぶやき

  • 最後ににもう一度PCR検査をし下船させているのかと思ったら、何と体温を計っているだけだとexclamation 船内全体にウィルスが漂っている状況なのに、厚労省ってのは痴れ者の集まりなのかexclamation & question
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • じゃあどこぞの国みたいに追い払えばよかったですね。国際的にどうするか取り決めもない以上、正解はありませんよね?そもそも感染隠蔽した中国やWHOに対してはだんまりのAERA。
    • イイネ!19
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(15件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定