ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 福良GMが語るオリックス低迷の原因と受け継ぎたい「古き良き伝統」

福良GMが語るオリックス低迷の原因と受け継ぎたい「古き良き伝統」

5

2020年02月19日 11:42  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

インタビュー前編はこちら>>
インタビュー中編はこちら>>

オリックス、福良GMインタビュー(後編)

 1996年の日本一以来、優勝から遠ざかっているオリックス。そればかりか、ここ10年間でAクラスはわずか一度(2014年に2位)と低迷を続けている。チームが勢いに乗れない理由は何なのか。今のオリックスに足りないものとは。かつて選手としてオリックスの黄金期を知る福良淳一GMに聞いた。

―― オリックスは1996年を最後に優勝から遠ざかっています。バファローズとしては2001年に近鉄がリーグ優勝を成し遂げていますが、現在、12球団でもっとも長く優勝していない球団はオリックス、ということになっています。福良さんは強かった時代の阪急、オリックスでプレーしてきましたが、そうした阪急ブレーブス、オリックスブルーウェーブの伝統や色が、今のこのチームにはどんなふうに受け継がれているとお考えでしょうか。

「それがね、薄くなっているような気がしてならんのですよ。自分が阪急に入った時には、上に山田(久志)さんや福本(豊)さんがいて、ロッカーではいろんな話を聞かされました。やがて山田さんも福本さんも引退して下の選手が増えてきたら、今度は自分らの世代がイチローやら田口(壮)あたりに伝えてきたという流れがあったんです。それが、いつからかプツッとなくなってしまったように思うんです。

 選手って、首脳陣にああだこうだ言われるよりも、選手同士で話をしたほうが響くところがあるんです。年上の選手が年下の選手にこういう野球が大切だとか、こういうことを考えて野球をするんだということを教育されて成長していく……それがチームの伝統やと思います。コーチが言うのと選手が言うのとでは、まったく効果が違うんです。ロッカーで『あのプレーはアカン』と先輩がちゃんと指摘して教育していかないと、チームの色や伝統を受け継ぐことはできません」

―― 福良さんが受け継いでもらいたいと思っている阪急、オリックスの伝統って、言葉にするとどういうことになるんですか。

「これはもう、考えて野球をする、ということに尽きます。強いチームであるためには大人の集団であることが一番大事やと思うんです。誰かに言われなくても、それぞれが考えながらプレーする。選手同士、お互いが考えていることを理解しながら戦う。考えているからこそ、チームメイトにダメ出しされても受け入れられるんじゃないですかね。そのためにも、キャンプから言われてやるんやなくて、自分で必要なことを考えながら動くことが大事やということです。そこをチームに浸透させられてないのは、監督時代の自分にも反省させなアカンところだとは思うんですけど(苦笑)」

―― 福良さんは選手として1995年にリーグ優勝、1996年には連覇、日本一を勝ち取った経験をお持ちです。あらためて、勝つためにチームに必要なことは何だとお考えですか。

「それはやっぱり一人ひとりが考えることの大事さを理解する、ということなんだと思います。ゲームに入ったら言われる前に動く、選手同士でこうしようと決められる。そういう大人の集団でなければ、勝てるチームにはなりません。そのためにもゲームでの経験値を上げていくことは大事ですし、一軍でも二軍でも、若いうちからゲームに出して、ゲーム慣れをさせようということは意識しています。そうしないと考える習慣はなかなか身につかない。練習では覚えられないことがたくさんあるんですよ。ゲームのなかでしかできないことって、ありますからね」

―― 福良さんのなかで、もっともいいチームだったと思うのは、いつのどのチームですか。

「それはやっぱり優勝した1995年のオリックスやないですかね。あの年って1994年とメンバーはそんなに変わっていなかったんです。でも、同じ顔ぶれなのにチームとしての一体感がまったく違っていました。阪神・淡路大震災の影響もあったかもわかりません。ただ、言われなくてもできる選手が揃っていましたし、若かったイチローや田口も先輩にああだこうだ言われて、相当、野球を勉強したんやないですかね。『このケースはこれじゃ、ダメや』って、選手同士が言い合っていました。

 たとえばイチローは自分のストライクゾーンに来たら何でも打って出るし、田口もどんどん打っていくタイプやから、『そこは状況を考えよう』と。1点差で負けている終盤、イチローと田口のふたりが2球でツーアウトって、『そんなんでどないするんや』と。もちろん積極性がふたりの持ち味なんやけど、『そこは持ち味だけで済ませたらアカン場面なんや』と、そんなふうに言ってやれる雰囲気があのチームにはありましたね」

―― そうやってイチロー選手や田口選手を叱咤し、教え導いてきた”福良選手”の役割を、では誰に託せばいいのでしょう。

「今のチームは若いだけに、そういうところがとくに欠けていると思います。そのあたりはアダム・ジョーンズにも期待していますし、ピッチャーでは比嘉幹貴、野手ではキャッチャーの山崎勝己の最年長コンビ(ともに37歳)にも期待しています。このふたり、チームのなかでは飛び抜けて年寄りなんですけど(笑)、じつは今のウチが勝つためには欠かせない、大切なピースなんですよ。若い連中を教育できるし、しっかりモノも言えますからね。(山本)由伸や(吉田)正尚にも遠慮せず、言うときはビシッと言ってもらわんとね」

おわり

このニュースに関するつぶやき

  • 投手はいい流れできてきてるんだけどねえ…野手にそれできるのがいないんだよね。山崎引退してから岡田や安達にそれできるとは思えないしね。優勝知る子もいない。ジョーンズにそれやってもらうしかない。 https://mixi.at/a3xjjOQ
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定