ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > 思わず衝動買いをした超小型PCの出会いと別れ、そして転生

思わず衝動買いをした超小型PCの出会いと別れ、そして転生

0

2020年02月19日 12:03  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真8.9型タッチパネルを搭載したShenzhen GPD Technologyの超小型PC「GPD P2 Max」
8.9型タッチパネルを搭載したShenzhen GPD Technologyの超小型PC「GPD P2 Max」

 フリーランスになってからというもの、冠婚葬祭や家族ぐるみの事情でもない限り、全く仕事と関係なく一日を過ごす、ということがなくなった。そのため、どこへ行くにしてもノートPCを持ち歩いている。



【その他の画像】



・超小型PC特集【第1回】「GPD Pocket 2」開封レビュー! 初代Pocketとの比較も【第2回】超小型PC「GPD MicroPC」評価機開封レビュー!【第3回】OneMix2Sシリーズ予約販売開始【第4回】OneMixのこだわりを社長に聞く【第5回】次期モデルOneMix3をチェック【第6回】さくらピンクエディションフォトレビュー【第7回】8型の超小型2in1 PC「MiniBook」がクラウドファンディング開始【第8回】CHUWIの8型超小型PC「MiniBook」を試す【第9回】PC界の“ワークマン”GPD MicroPCの「立って使う幸せ」を考察【第10回】新島でヨットに暮らして超小型PCでテレワークをした話【第11回】PC界の“ワークマン”GPD MicroPCの「シリアルポート」を活用する【第12回】GPD Pocket 2のキーボードを“ねちっこく”使ってみた【第13回】超小型PCのOneMix2Sを“ねちっこく”触ってみた【第14回】第10世代Core搭載の超小型PC「OneMix3 Pro」が国内販売開始【第15回】第10世代Coreの超小型PC「OneMix3 Pro」をねちっこく触ってみた【第16回】思わず衝動買いした「GPD P2 Max」の出会いと別れ ※本記事



●相棒は「LAVIE Pro Mobile」だった



 2017年まではMacBook Airを持ち歩いていたが、その年の暮れにSerface Bookを購入したことで相棒を切り替えた。しかし、1.5kg超えの重量のせいか、持ち歩く時間が多いと腰や膝にダメージがズシリとくる(決して年のせいではない)。そこで、2019年夏に投入したのが、「あまりの軽さに思わず声が出た」モバイルPC「LAVIE Pro Mobile」(以下、LAVIE)だった。



 LAVIEは、入力しやすいキーボードと見やすい液晶ディスプレイを備え、コンパクトなボディーで重量も約837gという軽さ。知り合いに持ってもらうと、ほとんどの場合、驚いて「おっ」と声を出すほどだ。



 とはいえ、わたしも女子だ。たまにはバックパックではなく、おしゃれな小さいバッグの1つや2つを手にして出かけてみたい。それには、もう少し軽く、フットプリントが小さく、そして質感の良いPCでないとだめだろう。



 そんなことを考えていたら、海外のクラウドファンディングINDIEGOGOでShenzhen GPD Technology(以下、GPD)が新モデル「GPD P2 Max」のキャンペーンを展開しており、勢い余ってポチってしまった。しかも、「ファイル操作をさくさくこなせること」「場合によっては画像編集も行えること」という条件のせいで、Core mプロセッサを搭載した上位モデルを奮発してポチッてしまった。



●GPD P2 Maxってどんなモデル?



 GPD P2 Maxは、GPDが手掛ける超小型PCシリーズの最上位モデルだ。日本では「天空」が代理店を務めており、クラウドファンディングキャンペーンが終わった今では、Celeronプロセッサの下位モデルを天空のGPDダイレクトで購入できるし、Amazonでは上位モデルも購入可能だ。



 私が購入した、上位モデルのスペックを簡単にまとめておこう。



 フットプリントも小さいが、LAVIEより200g近く軽くなることにも注目したい。これらなら、本当にいつでも気軽に持ち歩けるに違いない。ただ、実機を計測したところ、重量は約673gだった。



 また、CPUこそUMPC向けのものだが、メモリもSSDも購入したLAVIEの2倍にあたる16GBに512GBだ。きっとキビキビ動作するだろうから、写真の編集や(ファイル管理システムの)エクスプローラーの読み込みで固まることもないだろう。



 問題は、キーボードが英語キーボードであることだ。しかも、新たにタッチパッドを搭載したことによって、キーボードを配置する分の奥行きが足りず、機能キーをFnキーと同時押ししなければならない5列配列になっている。小型ボディーゆえの制約だが、かなりの数の記号をFnキーと組み合わせなければ入力できない仕様なのだ。



 ただ、日本での需要が高いからか、海外のクラウドファンディング製品としては珍しく、「日本語をご利用する方はこちらへ」という案内があり、蓄光式の日本語キートップシールを希望する人へ無料配布するという。



 そして、届いたのがこちらだ。黒いものが届くと考えていたところ、白っぽかったため、外観が損なわれるのではないかと思い、貼り付けるのがためらわれた。



 気を取り直して、改めてGPD P2 Maxに向き直ってみよう。



●想定以上に苦労した文字入力



 注文した製品は9月に届く予定だったため、「10月くらいかなー」とのんきに構えていたところ、なんと予定より早い8月末にそれは来た。



 かくして、LAVIEに続いて2カ月連続で新しいPCを手に入れたわけだが、開封の儀もすっ飛ばすほど、興奮しながら開封し、セットアップを開始したところ、早速つまずいてしまった。WindowsにログインするためにMSNアカウントを入力しようとしたところ、なんと、「_」(アンダースコア)がキーボードにないのだ。これではセットアップが終わらない。



 仕方がないので、外付けキーボードを有線でつなげてログインし、外すのも面倒なのでそのままセットアップを完了させた。



 この段階で違和感を覚えたのだが、「キーボードが英語配列だから仕方ないよね。付けてくれた日本語キートップシールを貼れば大丈夫だよね」と脳天気に構えていた。



 ところが、Windowsの「時刻と言語」設定からキーボードレイアウトを日本語に変えてみても、付属のシールの“刻印”と入力される文字が異なる。そもそも筆者はかな入力派で、モバイルキーボードを使う際には、右手の小指が受け持つ「ろ」「む」「め」などの(別の箇所へ追いやられるという)迫害に耐える日々を送ってきたが、これではそれどころの次元ではない。



 指が覚えているキーの場所と異なるから、目で確認する必要があるのに、それすらできない。「ろ」を入力するため、FnキーやCtrlキー、Shiftキーなどを総動員しながら右手小指が入力できる範囲のキーを片っ端から試してみなければならないのだ。



 また、「冷却ファンの音がうるさい」「使っているとボディーが熱くなりすぎる」という評判通り、手元のモデルもうるさくて熱い。結局、キーの場所を覚えるまで外に持ち出すのを控えることにした。



 一方、キーボードや熱については残念だったが、予想以上に良いところもあった。



 例えば、指紋センサー兼用の電源ボタンだ。ちょうど指の腹が収まるサイズ感のため、無駄に指を滑らせるという動作をしないで済む。LAVIEも指紋センサー兼用の電源ボタンを採用しているが、細長い楕円(だえん)形なので、起動すべくボタンを押し込む際、つい指を滑らせてしまう。そんな必要はないのに。



 また、ディスプレイも予想外に「使える」と感じた。実は、某メディア内にいたときに、UMPC好きな先輩がおり、7型や、8型のディスプレイと常ににらめっこをしているのを、「あれだけ小さいと、目が疲れるだろうし、何より小さすぎて見えないだろう」という感想を抱きつつ眺めていた。



 ところが、GPD P2 Maxを使い始めてから、その考えは間違いだと感じるようになった。小さなディスプレイでもデータの表示量は多く、しかも高精細。通常のノートPCを見るのと同じ距離を保っていても十分に“見える”と感じた。



 キーボードさえ何とかなれば、当初の目的を果たせるだろうと思っていたところ、9月後半に入ってから、キーボードとタッチパッドのアップグレードプログラムが配布された。ダウンロードしたかったのだが、その翌日から長期の取材旅行に出ることが決まっていたため、「待て」を食らうことになってしまったのだ。



●さあ使おう! と思ったその時に訪れた悲劇



 そんなこんなで旅行から戻り、10日ほどしてからようやくGPD P2 Maxをしっかり試す時間が取れるようになった。「せっかく早く届けてくれたのに、申し訳ない……」と思いつつ、電源ボタンを押し込んだところ、何としたことか、GPD P2 Maxくんがウンともスンともいわない。



 しばらく放置していたこともあり、「過放電になってしまったのだろう」と考え、電源に接続しながら電源ボタンを押し込んだ。



……やはり、だんまりを決め込んでおる。



 「1%くらい充電できれば、動くだろう」と、これまたのんきに考えていたが、1時間、3時間、そして一晩置いても起動しない。よく見ると、右側面の充電ランプが光っていないではないか。電源回りに不具合があるのではないかと思うようになり、同様の症状をTwitterで探してみたところ、数件のつぶやきがヒット。知り合いにもいるかもしれないと思い、



 と、ワラをもつかむ思いでつぶやいたところ、「同じ症状だ」という人から反応があった。GPDに連絡を取ってみたところ、「返送してくれれば、修理する」と返事があったという。



 まさに、ビンゴだ。



 そして、私のGPD P2 Maxくんがまさかの里帰りだ。返ってくるまでどのくらいの時間がかかるのか。



 遠い目をしながら、国際小包の手配をしていた筆者に、PC USER編集部から「確か、GPD P2 Maxを“うっかり”買っていましたよね。しかも、無駄に上位モデルのブラックだったかと」という、ぶしつけな連絡がきた。



 「あーでこーで、いろいろあって修理中ですよ」と軽く怒りをぶつけたところ、「実は手元に1台あるんですよ、“身の丈に合った下位モデルのシルバー”なアイツが」という。これまた失礼な内容だったが、渡りに舟とはまさにこのことではなかろうか。



 ありがたく送ってもらい、Celeronプロセッサ搭載の下位モデルでどこまで何ができるのかをレビューすることになった。



 次回は実際に黒から銀色となったGPD P2 Maxを持ち歩いたり、仕事に使ったりしてみて気が付いたことをまとめる予定だ。


    あなたにおすすめ

    ニュース設定