ホーム > mixiニュース > トレンド > 資生堂がリキッドファンデーションの新処方開発、ストッキングの網目や固形コンシーラーの構造に着目

資生堂がリキッドファンデーションの新処方開発、ストッキングの網目や固形コンシーラーの構造に着目

1

2020年02月19日 20:52  Fashionsnap.com

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真新処方リキッドファンデーション イメージ Image by: 資生堂
新処方リキッドファンデーション イメージ Image by: 資生堂
 資生堂が、固形コンシーラーの処方を取り入れたリキッドファンデーションの新処方を開発した。
【あわせて読みたい】SHISEIDOミニサイズのコスメ「ピコ」第3弾は新作ムースリップ&ネイル、東京の1日を表現したカラーに

 新処方の開発に際して、資生堂は固形のコンシーラーに使用される高いカバー力を持つ密着成分に着目。密着成分は室温で固まる性質があるため、従来は固形タイプの製品に使用してきたが、新処方では密着成分を粉末状(密着粉末)にすることでリキッドファンデーションへの応用に成功した。密着粉末は半透明かつ不定形な構造で、肌の凹凸を補正する一般的なパウダーよりも肌との親和性が高く、リキッドが白浮きせずに肌表面を整える効果が期待できるという。
 新しい処方を採用したリキッドファンデーションでは、厚塗り感を抑えた自然な仕上がりを重視。ストッキングのような網目状の構造に注目し、なめらかな触感で肌に馴染みやすい効果を持つジェリー状ペーストと密着粉末を組み合わせたという。これによって実現した網目状の構造によって、カバー力の持続と自然な仕上がりを両立している。
 新処方を採用した初の商品として、「マキアージュ ドラマティックジェリーリキッド」を4月21日に発売する。 
【こちらもチェック】「シャネル」春の新作は朝露や震える花びらをイメージ、カメリアを象った4色入りリップパレットが登場

    あなたにおすすめ

    ランキングトレンド

    前日のランキングへ

    ニュース設定