ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 早乙女太一「二度と友だち作らない」と決めた衝撃事件

早乙女太一「二度と友だち作らない」と決めた衝撃事件

2

2020年02月19日 23:36  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
俳優の早乙女太一(28歳)が、2月18日に放送されたバラエティ番組「ごぶごぶ」(毎日放送)に出演。小学校の頃、「二度と友だち作らない」と心に決めた“事件”を語った。

その他の大きな画像はこちら



大衆演劇の劇団員の家庭に生まれ、自身も4歳の頃から舞台に立っていたため、毎月転校を繰り返していたという早乙女。しかも、学校へ行っても「2、3時間目までしか行けなかった。毎日(舞台の)本番が2公演あったんで」と、学校の4時間目以降をまったく知らず、給食もほとんど食べたことがないという。

1年で12校を転々、毎月転校生だった早乙女は「友だちもできず。友だちひとりもできなかった」と語る。そんな早乙女に、ダウンタウン・浜田雅功は「覚えてるの? 小学校何年生のときにおったあの子、こういう子おったなぁ、とか」と質問。早乙女は「よく覚えてるのは……」と、あるエピソードを語り始めた。

「3時間目までしかいないから、向こうもやっぱりなじみづらくて。ずっとそうやってやってきたんですけど、ある学校で、すごい仲良くしてくれる子ができて。『今度遊びに行くよ!』って言ってくれて、友だちみんなで」
「僕、健康ランドとかで公演してたから、その健康ランドに、友だちたちが遊びに来てくれたんですよね。すっごい嬉しくて」
「表から入ったら入場料かかっちゃうから、裏口から入れてあげて。僕の部屋に、楽屋に通して。一緒にゲームして。昼と夜の間の休憩時間に遊んでて。そろそろ夜の部が始まるから、『ちょっと行ってくるわ』って言って。終わるまで待っててくれるって言ってたんです、楽屋で」
「で、僕舞台出て、帰ってきたら、ゲーム機が全部なくなっていて。友だちも誰もいなくなってて。『あれ、どうしたんだろう……』と思って、次の日学校に行って、『あれ、ゲーム機、持って帰った?』って聞いても、『知らなーい』って言われて。『うわ、もう二度と友だちなんか作らない。こいつら……』。いやもうね、ショックでした」

この悲しいエピソードには、浜田も「なんちゅう……ウソやろ……」「それやられたらキツいな。もう確実やもんな。なくなるわけないもの」と同情。早乙女は「親とかも、『お前、ゲームどうした?』って言われて、でも『盗られた』って言うと恥ずかしいから、『やった』って。『友だちにプレゼントした』って」と振り返った。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20200258510.html


このニュースに関するつぶやき

  • 人間不信にもなるわ��しかし、早乙女さんには、夢と希望を与える舞台人間になって下さい。盗みをした輩が、お金を払って客席の片隅にいる日が来るかもしれない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定