ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > アーセナル&アトレティコ、レヴァークーゼンのドイツ代表DFターに関心

アーセナル&アトレティコ、レヴァークーゼンのドイツ代表DFターに関心

0

2020年02月20日 01:55  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真レヴァークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター [写真]=Bongrats/Getty Images
レヴァークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター [写真]=Bongrats/Getty Images
 アーセナルとアトレティコ・マドリードがレヴァークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ターに興味を示しているようだ。19日、ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 ターは現在24歳でセンターバックを主戦場とするプレイヤーで、今シーズンはここまでリーグ戦18試合に出場している。同選手は今夏4000万ユーロ(約47億9172万円)の移籍金でチームを去ることができるが、クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を得た場合など、パフォーマンスによっては金額が増加する可能性があるという。

 アーセナルは特にターに関心を寄せていて、同選手をチームの守備の問題を解決するための重要なピースだと考えているようだ。アーセナルでは2018年に現役引退したペア・メルテザッカーが7年近く在籍していたり、現在でもドイツ人DFシュコドラン・ムスタフィが同クラブのセンターバックとしてプレーしており、ドイツ代表のターはまさに適任といえるかもしれない。また他にもドイツ代表GKベルント・レノや元ドイツ代表MFメスト・エジルなど、移籍しやすい環境は整っている。

 また、現在リーガ・エスパニョーラで4位を走るアトレティコもターに関心を寄せていて、レヴァークーゼンが同選手を残留させるためには、CL出場権を得て条件を更新する必要があるようだ。

    あなたにおすすめ

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定