ホーム > mixiニュース > コラム > 室井佑月「組織は頭から腐る」

室井佑月「組織は頭から腐る」

39

2020年02月20日 07:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中
室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中
 作家の室井佑月氏は、日本原子力発電や防衛省の隠蔽を批判する。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *
 2月7日の朝日新聞DIGITALにこんな記事が載った。「敦賀原発の断層『生データ』無断で書き換え 日本原電」

 どういう記事かというと、

「日本原子力発電敦賀原発2号機(福井県)の新規制基準に基づく審査で、原電が、原子炉建屋直下に活断層があるかどうかの判断に必要な調査資料の記述を書き換えていた。(中略)書き換えられたのは、原電が2012年に敷地内で実施したボーリング調査の結果。採取した地層の観察記録で、18年の審査会合の資料では『未固結』などとしていた記述が、この日は『固結』に変わっていた」

 なぜそんなことをしたのか?

「敦賀2号機は原子炉建屋直下の断層が活断層である可能性が指摘されており、審査で活断層と判断されれば運転できなくなる。ボーリング調査の結果はこの判断を左右する」から。

 すげぇよな。「未固結」と「固結」って真逆の意味じゃん。原電の和智信隆副社長は、「悪意はない。意図的ではない」などといっているが、わざわざ前の記述を削って書き直したわけで、悪意も意図もバリバリじゃん。

 お次は2月8日の東京新聞。「辺野古、70メートル超も『軟弱』 地盤調査、防衛省伏せる」という記事だ。

「沖縄県名護市辺野古(へのこ)の米軍新基地建設を巡り、埋め立て予定海域で防衛省の想定に反し、海面下七十メートルより深い海底の地盤が『軟弱』であることを示すデータが検出されていたことが分かった。『七十メートルまで地盤改良すれば施工可能』という同省の設計の前提は、根底から覆る可能性が出てきた。同省は『業者が独断で行った調査で信頼性が低い』としてこの実測データを採用せず、調査した事実すら伏せていた」

 こちらも防衛省整備計画局が「隠す意図はなかった」とコメントした。信じられるか?

 どうしても敦賀原発2号機を運転させたかったのだろうし、辺野古に米軍基地を造りたかったのだろうよ。

 原発をこの国のベースロード電源と決め、海外へ売り込もうとしたくらい安倍首相は力を入れていた。辺野古米軍基地は、安倍首相がアメリカと約束してしまったことだ。

 結局、みんな頭の意向に妄信的に従っているだけでは? そこに国民は不在だ。再び原発が事故を起こしたらこの国は大変なことになってしまうとか、辺野古の軟弱地盤にさらに果てしなく血税を突っ込む羽目になるとか、は考えない。

 誰一人引き返そうとせず、愚かな戦争に突き進んだあのときと一緒だ。

 馬鹿なリーダーは、これまでのルールの意味がわからない。なので、無視することも厭(いと)わない。あからさまな「yesマン」を引き上げ、自分に異を突きつける人は隅に追いやる。そしてこういう世の中が形成される。

 組織は頭から腐るというが、もうこの国はダメかもしれない。

※週刊朝日  2020年2月28日号

このニュースに関するつぶやき

  • 安部憎しみで共産党にゴマする売女が何を言うニカ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • AERAとかその筆頭ですよね。その証拠にお前にコメントさせて掲載しているのだから。
    • イイネ!40
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(30件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定