ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 山本美月×眞栄田郷敦、スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』で初共演

山本美月×眞栄田郷敦、スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』で初共演

0

2020年02月20日 08:02  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』主演の山本美月、共演の眞栄田郷敦 (C)カンテレ
スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』主演の山本美月、共演の眞栄田郷敦 (C)カンテレ
 女優の山本美月が主演を務め、俳優の眞栄田郷敦が相手役で共演するスペシャルドラマ『U‐NEXT presents あと3回、君に会える』が、カンテレ・フジテレビ系にて3月31日21時30分に放送されることが決まった。2人は初共演。

【写真】スペシャルドラマ『あと3回、君に会える』主題歌を担当するOfficial髭男dism

 物語は、山本演じる小さな映像制作会社に勤める主人公・玉木楓と、眞栄田演じる謎めいた男性・征史郎とのラブストーリー。イケメンシェフで有名なキッチンカーの短期バイトで働く征史郎と、シェフの密着取材中に出会った楓が、「大切な人との時間の尊さ」というテーマを軸に繰り広げていく、淡く切ない恋愛物語となっている。

 本作はヒロイン楓の視点で物語が進み、地上波放送後に動画配信サービスU‐NEXTから独占配信されるもう一つのドラマ『U‐NEXT presents 君と会えた10+3回』は、楓が恋する征史郎の視点で描かれる。地上波×配信の組み合わせで、ひとつの物語を視点を切り替えて描くことによって、ストーリーをより立体的にとらえることができる新たな取り組みになっている。

 主演の山本は「このような心が温かくなる作品でお声がけ頂けて嬉しいです。それぞれの目線違いで、観ていただく方の物語の受け止め方もまた変わってくるので、2回楽しめると思います」とした上、共演の眞栄田については「お会いしたことがないのでどんな方なのか、どんなお芝居をされるのかとても楽しみです!」と笑顔で話した。

 一方、眞栄田は「初めてタイトルを見た時は、非現実的なラブストーリーという印象がありました。でも脚本を読んでいくうちに、非現実的だと感じていたものが、実は人としてどこかで忘れかけていた大切にすべき事、現実的な事だったということに気づきました。色々なことを考えさせられるうちに涙が溢れていました。征史郎という不思議かつ魅力的な男を、早く演じてみたいです」と話す。山本については「明るくて芯の強そうな方。でもその中に独特な感性を持たれている印象です。どんな楓に会えるのか楽しみです」としている。

 演出は、大手企業のテレビCMをはじめ、2017年には『東京喰種 トーキョーグール』で長編映画監督デビューを果たした萩原健太郎。脚本は大島里美。萩原とは、2020年公開になったばかりの映画『サヨナラまでの30分』でもタッグを組んだ。主題歌は、Official髭男dismの「最後の恋煩い」。

 スペシャルドラマ『U‐NEXT presents あと3回、君に会える』はカンテレ・フジテレビ系にて3月31日21時30分放送。同放送終了後から配信オリジナルドラマ『U‐NEXT presents 君と会えた10+3回』をU‐NEXTにて配信。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定