ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > ティアフォー、松尾豊氏の研究組織、BAIが協働し、自動運転AIの研究を加速

ティアフォー、松尾豊氏の研究組織、BAIが協働し、自動運転AIの研究を加速

0

2020年02月20日 13:02  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
株式会社ティアフォーは、東大教授である松尾豊氏の研究組織(松尾研)と、株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス(BAI)とともに、世界最高水準の自動運転AIの開発を目指した研究を開始した。
「認知」に絞った研究このたび3者により開始された共同研究では、各者のコア技術を活用し、自動運転におけるコンピュータの「認知」「判断」「操作」のうち、「認知」のためのAI技術に焦点をあてる。

同研究にティアフォーが有する自動運転データセットを用い、3次元空間の物体検出および物体追跡におけるディープラーニング技術の応用に取り組むとのことだ。

ティアフォーは、研究結果を「Autoware」に導入し、オープンソースソフトウェアとして一般公開する予定だという。これにより、同社の自動運転技術の強化と、最先端のAI研究に取り組む産学連携体制の構築を目指すとのこと。
AI研究の加速と産学連携体制構築ティアフォーは、世界初の自動運転用オープンソースソフトウェア「Autoware」開発を主導するディープテック企業であり、その技術は国内外で数百の企業に導入されている。同社創業者兼CTOの加藤真平氏は、日本のAI研究が世界に後れを取っていることや人手不足である現状を指摘。今後、技術競争が激化するであろう自動運転の領域において、日本が世界と互角に渡り合うためには産学連携が鍵を握るとし、このたびの松尾研との共同研究により産学連携体制の構築を先導していきたいとコメントした。

松尾豊氏は、東京大学大学院工学系研究科人工物工学研究センターの教授であり、一般社団法人日本ディープラーニング協会の理事長などを務めるAI研究の第一人者だ。今回の共同研究について松尾氏は「ディープラーニングはそれぞれの応用に特化したモデルが必要になり、その分野に対する深い知見こそが差別化要因になる。自動運転業界を代表するティアフォーが持つデータセットやソフトウェア技術を活かしたディープラーニングの研究には大きな価値があり、松尾研としても大変興味がある」とコメントしている。

BAIは、株式会社経営共創基盤のAI専門部隊として、スタートアップから大企業まで、先端AI技術のビジネス活用を支援している。AIの活用支援を通じて培ったAIとビジネスの知見を駆使し、ビッグデータ解析からAIアルゴリズム開発などに強みを持つ企業だ。

3者のコア技術の融合により、日本のAI研究は加速していきそうだ。今後の研究成果に期待したい。

PR TIMES

    あなたにおすすめ

    ニュース設定