ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > コピペの父、テスラーさん死去

カット、コピー&ペーストの父、ラリー・テスラーさん死去

108

2020年02月20日 15:53  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真写真

 パーソナルコンピュータにおける巨人の一人、ラリー・テスラーさんが2月17日(米国時間)、74歳で死去した。



【その他の画像】



 テスラーさんは、Xerox PARC(パロアルト研究所)でグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)を備えた最初のワードプロセッサソフトウェア「Gypsy」を開発し、カット、コピー&ペーストとモードレスでのテキスト編集を発明した。Appleに入社後はLisa、Newtonの開発に携わった。Newtonの心臓部となったRISCプロセッサの開発企業であるARM(現在のArm)へのAppleの出資を主導したのもテスラーさんだった。



 カット、コピー、ペーストのキーボードショートカットがなぜそれぞれCommand + X、Command + C、Command + Vなのかについて、テスラーさんが自身のWebサイトで解説している。



 GypsyではControlキーを「Look」と呼んでおり、書体をボールドにするときはLook + B、イタリックにするときはLook + Iと称していた。LisaではControlキーの代わりにCommandキーを使い、同様にCommand + B、Command + Iのショートカットを使った。しかし、カット(Cut)もコピー(Copy)も同じCで始まる。そこで、Commandキーの近くにあるキー、X、C、Vを選んだ。XはCross-cutを意味し、Vはキャレットを上下逆にしたように見えることから、それぞれカットとペーストに選んだのだという。



 また、テスラーさんは自身のサイトで、Macに対する貢献について冗談っぽくこう記している。



I have been mistakenly identified as “the father of the graphical user interface for the Macintosh”. I was not. However, a paternity test might expose me as one of its many grandparents.



私はしばしば「Macintoshのグラフィカルユーザーインタフェースの父」と呼ばれているが、そうではない。ただ、遺伝子検査をすれば、たくさんいるMac GUIの祖父ということにはなるかもしれない。


このニュースに関するつぶやき

  • 毎度のことながらキャッチーなタイトルで見逃されてるけど、この人の英語版Wikipediaを読むとXerox ParcとかSmalltalkとか昔からコンピュータに対して凄い影響力のある仕事をしてる人なのに、コピペの父とかショボい紹介はよくないぞ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こういう『発明』って実はものすごいことだと思う。みんなが当たり前に使ってるちょっとしたことだけども。ご冥福をお祈りします。
    • イイネ!63
    • コメント 26件

つぶやき一覧へ(49件)

あなたにおすすめ

ニュース設定