ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > メルカリ、初の「リアル店舗」

リアルにひろがるメルカリ……メルカリが初の事業発表会を開催 梱包・発送をおまかせできる「あとよろメルカリ便」などを発表

39

2020年02月20日 18:52  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真新サービス「あとよろメルカリ便」のイメージ
新サービス「あとよろメルカリ便」のイメージ

 フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリは2月20日、初の事業発表会「Mercari Conference 2020」を開催し、梱包・発送を代行する「あとよろメルカリ便」や、実店舗の「メルカリステーション」をオープンすることを発表しました。



【画像】「あとよろメルカリ便」の仕組み



 「出品意向があるのにまだ出品を経験したことがない」という潜在出品顧客に向け、2019年後半より「出品」を向上する施策に注力しているというメルカリは、「『売ること』をより身近でかんたんに」というテーマのもと、新たに「出品をサポートするサービス」を展開する予定です。



●梱包や発送を代行「あとよろメルカリ便」



 新サービス「あとよろメルカリ便」は、出品完了した商品をまとめて提携倉庫に発送すると、その後商品が売れるまでの商品の保管と、売れた後の梱包・発送までを代行してくれるサービス。メルカリは、出品経験がない人のハードルにもなっている発送や梱包のほか、「商品が売れるまで家の中で場所をとって困るといったユーザーの悩みを解決するサービスだとしています。



 あとよろメルカリ便は、一部の出品者向けに2020年2月より試験運用を開始予定。物流Eコマースサービスを提供するオープンロジとの提携でサービスの提供を進めていくとのことです。



●メルカリ初の店舗業態「メルカリステーション」



 今春、新宿マルイ本館にオープン予定の「メルカリステーション」は、メルカリへの商品の出品から発送までをサポートするリアル店舗。予約がとれないことも多いというメルカリの使い方を学べる「メルカリ教室」を常設するほか、商品撮影ブースや、不明点を質問できるライブチャット、商品を投函するだけで発送できるメルカリポストなどを設置します。店頭では、梱包資材の購入もでき、売り場で梱包を経験しているマルイのスタッフの梱包サポートを受けることも可能。



 メルカリは、2月10日に丸井と業務提携を締結。2021年夏までに、全国の主要都市10カ所で「メルカリステーション」の展開を予定しています。



●無人投函ボックス「メルカリポスト」



 メルカリステーションにも設置される「メルカリポスト」は、出品者が発送を1人で完結できる投函ボックス。メルカリで商品が売れたあと、アプリ上に表示されるQRコードをメルカリポストにかざすことで、発送ラベルが印刷でき、ラベルを貼り付けした商品をのまま投函できる仕組みになっています。



 メルカリポストは、「らくらくメルカリ便」で提携するヤマト運輸を集荷パートナーとして展開。今後はメルカリステーションのほか、全国のdポイントなどで提携をするドコモの店舗「ドコモショップ」などに設置予定で、2023年までに全国5000か所のへの設置を目標とするとしています。



 また、メルカリポストの進化版として、次世代型ワンストップ端末「メルカリポストプラス」の開発・展開をパナソニックと共同で進めていく計画も発表されました。メルカリポストプラスでは、商品の自動採寸のほか、設置する施設での決済を行える無人レジ、個人にあったクーポンなどを発行できる顔分析などの機能を搭載する予定です。


このニュースに関するつぶやき

  • それで…買い占め品と盗品の販売抑止はどういった対応で?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • このサービスするならシャッター街のアーケードに出して展開すると良い起爆剤になると思うのでうまく展開してくれると嬉しい
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

ニュース設定