ホーム > mixiニュース > スポーツ > 格闘技 > 猪木77歳 長州力に闘魂ビンタ

アントニオ猪木、喜寿を祝う会で長州力に闘魂ビンタ 革命戦士がボヤき「もうリング降りてるのに…」

146

2020年02月20日 20:41  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真長州力に闘魂ビンタを喰らえたアントニオ猪木(C)ORICON NewS inc.
長州力に闘魂ビンタを喰らえたアントニオ猪木(C)ORICON NewS inc.
 元プロレスラーで参議院議員としても活動したアントニオ猪木(77)の喜寿を祝う会が20日、都内のホテルで開催された。プロレス界を彩った名選手が祝福に訪れ、豪華な共演が実現した。

【写真】痛さが伝わる…アントニオ猪木の強烈ビンタを喰らう長州力

 古舘伊知郎キャスターの「アントニオ猪木、入場です」の呼び込みで、ステージに上がった猪木。「元気ですか〜」と絶叫し、祝いの席が幕開けした。「77歳と紹介されましたけど、あれ、俺そんなになってたかな」と冗談を交えつつ、「きょうから新しいスタート。歩み出そうと思っています」と決意を新たにしていた。

 「人は出会いと別れの交差点。こうして集まっていただいているのは、あしたへの大きな贈り物」と感謝し、古舘に依頼され「1、2、3、ダー」をすることに。猪木は「もう飽きたんですけどね…。みなさんが、これで元気になる。私は去年、いろいろありまして車いすのお世話にもなったりした。みなさんが寄ってきて『元気をください』と。みなさんの(方)が元気じゃないですか」と小話を入れて笑わせると、全力で「1、2、3、ダー」と会場を一体とさせた。

 祝う会には花束贈呈者としてCHEMISTRYの川畑要、特製シャンパンボトルのプレゼンターとして藤原喜明が登場。ライブに応援に来てもらったという川畑は「77歳のお誕生日、おめでとうございます。ネクタイをプレゼントしていただきました。宝物ができました」と感謝すると、猪木は「バカヤロー!」と一喝。川畑は「ありがとうございます」と感激しきりだった。

 藤原は「だいぶ前ですけど、猪木さんが酔っ払って言ったんです。『俺の親族で77歳以上生きたヤツは1人もいないんだよ』と。心細そうな顔してね…。とても、かわいいなと思いました(笑)。77歳、生きましたね。10年、20年も長生きしてください! おめでとうございます」と秘話も交えて祝った。猪木も思わず頬が緩んでいた。

 また、この日は同じホテルで日本プロレスの歴史、選手を後世に残していくための中立組織『日本プロレス殿堂会(NPH=Nippon Puroresu Hall of Fame)』の発足会見が行われており、藤波辰爾、長州力、天龍源一郎が祝福に。4人で「1、2、3、ダー」を披露したが、長州が「会長に元気がなくて、我々はどうするんですか?」と異議申し立て。藤波が必死に止めたが、最後は猪木が強烈な闘魂ビンタを一発。昨年にプロレスラーを引退している長州は「もうリングを降りてるのに、まだ叩かれるのかよ」とボヤきながらも満面の笑みだった。

このニュースに関するつぶやき

  • 元気いただきました(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 若いね猪木
    • イイネ!42
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(91件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定