ホーム > mixiニュース > トレンド > 錯覚楽しむ逆転ホームランバー

「逆転ホームランバー」見た目と味が入れ替わってる! 白いチョコ味+黒いバニラ味 「温めてたネタです」

70

2020年02月21日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真こちらは通常品のホームランバー(バニラ)=協同乳業提供
こちらは通常品のホームランバー(バニラ)=協同乳業提供

 今年で発売60周年を迎えるロングセラーアイス「ホームランバー」。その新商品がネット上で注目を集めています。一見するとバニラとチョコの2色アイスですが、実は見た目と味が入れ替わっている「逆転ホームランバー」です。開発の経緯を取材しました。

【画像】これが「逆転ホームランバー」。かつての「ツーランホームランバー」「大リーグホーマー」の写真も

ホームランバーとは
 1960年に発売されたのが「ホームランバー」。長嶋茂雄さんをイメージキャラクターに起用して、当たりくじも導入したことから人気に。

 工場を24時間フル稼働させても供給が追いつかず、得意先のトラックが納品待ちの行列をつくるほどだったそうです。

 その60周年を記念した商品の第1弾が「逆転ホームランバー」です。

 希望小売価格は税抜き140円で、今年1月中旬から一部コンビニで先行販売し、随時スーパーでの取り扱いも始まっています。

 バニラとチョコの2色アイスですが、「チョコのふりしたバニラ味」と「バニラのふりしたチョコ味」で、見た目と味が入れ替わっているのが特徴です。

担当者に聞きました
 実際に食べた人がツイッターで紹介すると、「子どもが喜びそう」「某映画がヒットしてる頃にコラボすれば話題になったのに」といったコメントが寄せられ、話題になっています。

 「2〜3年前からネタとして温めていた技術を活用した商品なんです」と話すのは、協同乳業営業企画部の副部長・成毛真人さんです。

 開発部門から「白いチョコ味を作ることができるようになった」という話を聞いて、いつか商品化しようと温存することに。

 60周年記念商品をどうするか話し合う中で、過去にあった「ビッグホームラン」「ツーランホームランバー」「大リーグホーマー」などの名前が挙がる中で、「逆転ホームランバー」というワードが登場。

 見た目と味を入れ替えることで「逆転」という商品を作ることになりました。

「次も期待して」
 「バニラのふりしたチョコ味」だけでは物足りないので、「チョコのふりしたバニラ味」と合わせて2色にすることが決定。

 味のメリハリをもっと効かせることもできたそうですが、意識的に弱めたといいます。

 「『あれっ、今どっち食べてるんだっけ?』と、色と味のギャップによる錯覚を楽しんでもらって、コミュニケーションに使っていただきたいと考えました」

 ツイッター上で次なるおもしろネーミングの商品を期待する声も上がるなか、成毛さんはこう話します。

 「みなさんのご意見も踏まえながら、次なる60周年企画を検討しています。期待していてください」

このニュースに関するつぶやき

  • 「正義とは宇宙さえ恐れぬ心にだけ宿るものなのだ」これは逆転イッバツマンか。 https://mixi.at/a3zlPzU
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ホームランバーって、俺が子供の頃は30円。今は普通のが70円。そして、これについては、えらい付加価値を付けてきたもんだ。絶対に買わなそう。
    • イイネ!39
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

あなたにおすすめ

ニュース設定