ホーム > mixiニュース > 海外 > 韓国「GSOMIA破棄」再浮上 新型肺炎の逆風で“総選挙の好材料探し”

韓国「GSOMIA破棄」再浮上 新型肺炎の逆風で“総選挙の好材料探し”

49

2020年02月21日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真新型コロナウイルスに対応するため、文在寅大統領(中央)らはソウルの保健所を視察した/2月5日(韓国大統領府ホームページから)
新型コロナウイルスに対応するため、文在寅大統領(中央)らはソウルの保健所を視察した/2月5日(韓国大統領府ホームページから)
 韓国での新型コロナウイルスを巡る反応は日本を上回る勢いだ。4月に控える総選挙だけでなく、日韓関係に影響を及ぼす可能性も出てきた。AERA2020年2月24日号で掲載された記事を紹介する。

【写真】ソウル市内、マスク姿の人々

*  *  *
 2月初めに訪れたソウルは、新型コロナウイルスの話題で持ちきりだった。通行人の8割以上がマスク姿。3月からの新学期を先延ばしにする大学、大人数での会議を禁じ、海外出張後に一定期間の自宅待機を命じる企業などが続出した。

 身構えるのは知識人も同じだ。かつて情報機関、国家情報院の局長を務めた70代の知人は2月半ばに予定していた沖縄旅行を中止した。この知人は、繁華街の明洞など、多くの中国人が訪れそうな場所には行かないようにしているとも語った。

 韓国人が緊張するのも無理はない。面会した知人たちが口をそろえたのが、2015年に感染者186人、死者38人を出した中東呼吸器症候群(MERS)の惨事だ。知人の一人は「MERSの流行は人災だった」と語る。大規模病院での院内感染や韓国政府の対応が甘かったことが被害を広げたからだ。

 当然、4月15日に総選挙を控えた文在寅(ムンジェイン)政権も気が気ではない。文大統領は2月9日、中国から帰国した韓国人が隔離生活を送っている中部の忠清北道鎮川(チュンチョンブクドチンチョン)と忠清南道牙山(チュンチョンナムドアサン)を視察。丁世均(チョンセギュン)首相も2日、過去2週間内に中国湖北省を訪れた外国人の入国を禁じると発表した。

 ただ、韓国大統領府ホームページには「中国人の入国禁止」を求める国民請願数が70万件に迫る勢いを見せている。就任したばかりのシン海明(ハイミン)駐韓中国大使が2月4日、ソウルの中国大使館で会見し、韓国の政策について「貿易や移動の制限を勧告していない世界保健機関(WHO)の方針に従うべきだ」と介入する趣旨の発言をし、韓国人の反発を買った。総選挙までの実現を目指していた習近平(シーチンピン)中国国家主席の韓国訪問も不透明だ。

 ただでさえ与党は、昨年秋に起きた曹国(チョグク)法相(当時)を巡るスキャンダルや18年6月の蔚山(ウルサン)市長選に対する大統領府の介入疑惑、経済政策への不評などで逆風が吹き続けている。コロナショックはこの逆風を更に強める可能性がある。

 韓国国会(定数300)は2月12日現在、与党、共に民主党が129、第1野党の自由韓国党が107などとなっているが、与党内には敗北への危機感が徐々に高まっている。実際、2月半ばには国会の汝矣島周辺で「自由韓国党が168議席を獲得して圧勝」という怪文書まがいの世論調査結果が出回り、政界関係者の耳目を引いた。

 この状況は日本とも無関係ではない。2月12日、韓国外務省は記者団に対し、「昨年11月22日合意の趣旨に沿って、日本政府は輸出規制措置を早期に撤回するよう改めて求める。いつでも日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)を終了できるという前提のもとに、終了通告の効力を停止している」などとする韓国政府の立場を改めて説明した。これは、同日付の韓国紙・中央日報が、韓国大統領府内でGSOMIA破棄論が強まっていると伝えたことを受けたものだ。

 複数の日韓関係筋によれば、総選挙に向けた好材料探しに躍起の大統領府は、総選挙までに日本の輸出規制措置の撤回を狙っている。ただ、2月6日にソウルであった日韓外務省局長級協議は原則論の応酬に終わり、全く進展がなかった。こうした状況に焦った大統領府の急進派が「措置撤回が無理なら、GSOMIAも破棄してしまえ」と騒ぎ始めているのだという。

 もちろん、これはまだ多数意見ではない。しかし、日韓両政府がコロナ問題で忙しいなか、徴用工判決問題への対応もおざなりになりがちだという。場合によっては、総選挙前に差し押さえられた日本企業の韓国資産の現金化が実施される可能性もある。そうなれば日本政府の報復措置は必至で、GSOMIA破棄論も浮上するだろう。

 日韓関係は再び急展開する兆しが見えてきた。(朝日新聞編集委員・牧野愛博)

※AERA 2020年2月24日号

このニュースに関するつぶやき

  • 韓国は日本にとって悪材料でしかない。また、韓国のフッ化水素横流しは安全保障上の重大な脅威であるだろう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 船ではなく陸です ⇒ 韓国が「コロナウイルス感染国」ワースト2位!「終息宣言」直前で急増し、感染者が三桁に! https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20200220-00163958/
    • イイネ!36
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(44件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定