ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > プロ野球にもコロナウイルス被害が…ジェット風船が飛ばないと億単位の大赤字

プロ野球にもコロナウイルス被害が…ジェット風船が飛ばないと億単位の大赤字

12

2020年02月21日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真スタジアムでは当面見られなくなりそうなジェット風船 (c)朝日新聞社
スタジアムでは当面見られなくなりそうなジェット風船 (c)朝日新聞社
 新型コロナウイルスの脅威はとどまることを知らない。中国の湖北省武漢市で発生したとされる未知の疫病は中国内だけですでに2000人を超える死者を出し、感染者は3万人以上を記録しているという。

【写真】「平成で最もカッコいいバッティングフォーム」はこの選手!

 その流行が世界に与えた衝撃は大きく、水際対策として少しでも感染の可能性がある者の渡航を禁止する国も出ていて、各スポーツのカレンダーにも影響を与えるなど大混乱をもたらしている。

 日本野球が生み出した最大の産物とも言える、『ジェット風船』も新型コロナウイルスの脅威にさらされている。ジェット風船とは、“ラッキーセブン”と呼ばれる7回の攻撃前に各球団のファンがそれぞれの応援歌に合わせて打ち上げる細長いゴム風船のことだ。

 そのルーツには諸説あり、1970年代の広島ファンが始めたとする説が有力だが、1985年の日本一フィーバーを境に阪神の代名詞的アイテムとなり、現在ではソフトバンク、DeNA、楽天など多くの球団で採用されている。7回のみでなく、勝利時の儀式として風船打ち上げを行う球団もあり、近年は近隣住民や球場施設等に配慮して飛距離が出ない工夫がなされ、球団ロゴなどの入ったものが販売されている。

 そのジェット風船は人が口をつけて空気を吹き込んで空に飛ばすため、感染拡大している新型コロナウイルスをまき散らす元になる恐れがあるとして、各球団が使用の自粛・禁止を発表する事態となっている。

 事情を考えればやむを得ない措置だが、各球団にとっては実に頭の痛い話となっている。

「球団としては大打撃です。ジェット風船は球場の販売物としては1番のドル箱商品だからです」と某球団グッズ担当者は想定していなかった緊急事態に頭を抱える。

「一部球場を除き、ホーム、ロードの両チームともにジェット風船を上げる光景が当たり前になりました。ジェット風船は使い捨てなので、その都度、購入する必要があります。ビールなどの飲食物のように天気などに左右されることもない、あらかじめ売上金額が想定できるありがたい商品なんです」

 ジェット風船は各球団の公式グッズであり、その売り上げは当然、球団に入ってくる。東京ドームや神宮など、一部の例外を除く球場で使用されているジェット風船は今や欠かせない重要商品なのだ。某球場のショップ店員もジェット風船はグッズの中で一番売れると話す。

「以前は応援メガホンが最も売れる商品でした。試合に負けたらグラウンドに投げ捨てていくファンも多かったから、次の試合でも購入してくれた。また、カラーやデザインを変更すれば売れましたけど、最近はロッテを筆頭にメガホンを使わない応援も多い。その中で、ジェット風船は変わらぬ売上をもたらしてくれているんです」

 またジェット風船の利益率は、他グッズに比べて群を抜いて高いという。

「ジェット風船にもいくつか種類がありますけど、6個入り300円が相場。それで原価はだいたい20円弱。4万人収容の球場で半数の2万人がジェット風船を購入したら、売上は約600万円で純益約560万円。こんなに割の良い商品はないですよ」

 最近は各球団がロードチームをもてなす傾向も強い。7回攻撃時にはそれぞれの応援歌を流し、ジェット風船打ち上げタイムを設定するようになった。そうなってくると、ジェット風船の売上は1試合1000万円を上回る日もある。年間ホーム試合を70試合とすると、ジェット風船だけで約4億円から6億円ほどの利益が見込める。メジャーリーガーを1人雇用できる計算だ。

「売上予算を立てる時、真っ先に確実な数字と見込まれていたのがジェット風船です。レギュラーシーズンでもジェット風船が使えないとなると大打撃。本当に頭の痛い問題です」(前出の某球団グッズ担当者)

 もちろん、そういった球団の“お財布面”だけでなく、スタジアムの盛り上がりといった面でも影響が出そうだ。

「ジェット風船はファンも試合に参加しているという気持ちになる。見ているだけでもキレイだし、ジェット風船がない野球場なんて考えられない」

 オープン戦が行われている沖縄へわざわざ足を運んだ熱心なファンは、プロ野球のゲームにジェット風船があるのは当たり前で、なくなると寂しさを感じるという。

 これまでも、衛生面からジェット風船の賛否を問う声は多かった。考えてみれば、他人が膨らませた風船。時には唾液までもが空から降ってくるわけだ。このご時世では禁止となっても致し方ない。

 いまだ収まる気配のない新型コロナウイルスが球界に与える影響は大きい。さらには東京五輪にまで関わってくる。まずは一刻も早く、完全収束を望みたいが……。

このニュースに関するつぶやき

  • 今までこんな下らん、不潔な物で稼いできたんだから、この際、「潔く」止めればいいのよ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • オリンピックの影響で今年はプロ野球が始まるの早いけど,その時期くらいだと大丈夫かもしれないが,開幕が遅れなければいいですね.
    • イイネ!2
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(6件)

あなたにおすすめ

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定