ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『スカーレット』第121話では、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が両親に温泉旅行を譲る

『スカーレット』第121話では、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が両親に温泉旅行を譲る

0

2020年02月22日 08:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『スカーレット』写真提供=NHK
『スカーレット』写真提供=NHK

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『スカーレット』。2月24日放送の第121話では、信作(林遣都)と百合子(福田麻由子)が両親に温泉旅行を譲る。


参考:【場面写真】父(マギー)から温泉旅行を譲れと言われ渋る信作(林遣都)


 武志(伊藤健太郎)が八郎(松下洸平)の作品を割った第120話。第121話では、商店街の福引きで信作が温泉旅行を当てる。百合子と子どもたちを連れて行こうとしたところ、大野(マギー)から待ったをかけられる。自分にも温泉に行く権利があると言う父に対して、信作はノーを突き付ける。だが、百合子が日ごろの感謝から、両親に譲ろうと提案。翌日、子どもたちを連れて大野夫妻が温泉に。信作と百合子はカフェの店番をすることに。信作が慣れないながらマスターぶりを発揮していると最初の客が現れ……。


 焼き物の里・信楽を舞台に、女性陶芸家・川原喜美子が、モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげずに生きていく波乱万丈の物語。主演の戸田恵梨香をはじめ、富田靖子、大島優子、林遣都、桜庭ななみ、福田麻由子、伊藤健太郎、烏丸せつこ、松田るからがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定