ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > ガイナックス 役員総入れ替え

ガイナックス、不祥事を受けて役員を総入れ替え 新取締役に「エヴァ」やトリガー関係者らが就任

80

2020年02月22日 09:43  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真ガイナックス公式サイトより
ガイナックス公式サイトより

 アニメーション制作会社のガイナックスは2月18日、2019年12月に発覚した前代表取締役逮捕の不祥事を受けて、当該人物を含む役員の刷新を行ったと公式サイトで発表しました。



【その他の画像】



 新しい役員は全て社外からの就任に。新代表はグラウンドワークスでも代表を務める神村靖宏さん。グラウンドワークスは「エヴァンゲリオン」シリーズの権利を管理している会社。現在「エヴァ」の権利はカラー(代表:庵野秀明)が全て保有していますが、グラウンドワークスは2010年より委任を受けて同シリーズの権利関係を取りまとめてきました。



 この他、新たな取締役に高石優子さん※(KADOKAWA アニメ事業局アニメ制作部部長/※「高」は「はしごだか」)、森山敦さん(キングレコード 上席執行役員 ライツ部)、宇佐義大さん(トリガー 代表取締役副社長)と強力な顔ぶれが並び、監査役には公認会計士・税理士の林伸彦さんが名前を連ねています。



 発表によると、新役員は2019年12月27日の臨時株主総会によって決まったもので、逮捕された人物を含め、旧来の取締役、監査役は全員退任しているとのこと。同社によると経済的な混乱のほかに、知的財産や制作資料の散逸が判明しており、現在はその状況確認を進めている状況。今後は事態の収拾と事業の正常化に着手するとしています。



●庵野監督も危惧していた貴重資料の散逸



 同社の前代表逮捕や経営実態を巡っては、かつてガイナックスに所属し現在はカラーで代表を務める庵野秀明さんが「『エヴァ』の名を悪用したガイナックスと報道に強く憤る理由」と題し、「ダイヤモンド・オンライン」に寄稿した記事が大きな波紋を呼んでいました。



 この記事によれば、ガイナックスは2014年ごろに資金難から過去作品の権利を他社に売却しはじめ、2015年には同社の代表作である「トップをねらえ!」「トップをねらえ2!」「フリクリ」の権利も売却。



 2016年に報道されたカラーによるガイナックスへの債権仮差し押さえの申し立ても、こうした状況を受けてのものであり、貴重な資料がそれ以上散逸するのを防ぐことが目的だったと説明していました。



 そんな紆余曲折があったものの、ガイナックスの代表にはカラー側とも縁のある人物が就任することに。ガイナックスは今回の声明で関係者とファンに向け謝罪した上で、「会社設立から35年、今回の事態を厳粛に受け止め、これまで弊社が築いてきたブランドや制作した作品群のイメージ回復に向け、刷新した新体制で鋭意努力する所存です」とコメントしています。


このニュースに関するつぶやき

  • 庵野氏も何かしらの形で協力できる環境は整った。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 権利売却しているのはガイナに限った事ではない。例えばキティフィルム・キティグループにしても「うる星やつら」「らんま1/2」「めぞん一刻」などの権利は手放してしまった。
    • イイネ!25
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(41件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定