ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 妊活から授乳まで。赤ちゃんに大切な「葉酸」はどのくらい飲めばいいの!?

妊活から授乳まで。赤ちゃんに大切な「葉酸」はどのくらい飲めばいいの!?

1

2020年02月22日 11:32  &Mama

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

&Mama

写真111fb3b4178f42e681358b82bb10cecb-20200214072532
111fb3b4178f42e681358b82bb10cecb-20200214072532
出典: shutterstock

ゲンナイ製薬株式会社が、「葉酸サプリに関する意識調査」実施。その調査結果を発表しました。


葉酸とは?

葉酸とは、水溶性ビタミンB群のひとつにあたる栄養素のことです。ビタミンB12と協力し赤血球をつくり、DNAやタンパク質を合成する過程にも関わっています。葉酸は体内で作ることができないため、食事などで摂取する他、サプリメントや栄養補助食品などで摂取することもできます。


衝撃!8割が葉酸の摂取量を誤認

妊活中・妊娠中・授乳期で、必要な栄養摂取量が異なることをご存知でしたか?との質問に、およそ8割にあたる79.8%の女性が「知らなかった」と答えたとのこと。


葉酸は、赤ちゃんの体の形成に大切な成分として知られている栄養素。しかし、葉酸がなぜ必要で、妊活中〜授乳期のいつからいつまで、どれくらい摂取すべきなのかは、あまり知られていないことが判明したそうです。


厚生労働省は、食事とは別に摂取する葉酸の量を、妊活中〜授乳時で3種のステージにわけて推奨しています。


・妊活中〜妊娠3カ月:400μg


・妊娠4カ月〜出産:240μg


・出産後授乳時:100μg


葉酸が必要な期間は?

妊娠中期4カ月以降も、葉酸の摂取は必要です。赤ちゃんは出産まで胎内で日々発育。産後はよい母乳をつくるため、ママ自身の健康のためにも、葉酸はマタニティの全期と授乳期間、時期に適した推奨量を摂取することが大切です。


時期別に葉酸サプリの飲みわけは必要?

葉酸は水溶性ビタミンで、通常の食事だけでは十分な量が摂りにくいと言われているようです。時期ごとの推奨量を効率よく摂取するにはサプリメントなども有効とのことです。


葉酸サプリに関する意識調査 概要

調査対象 :当社の製品を購入したことがある既婚女性


調査期間 :2020年1月31日〜2020年2月4日


調査方法 :LINEアンケート調査


調査地域 :全国


有効回答 :1,527サンプル


調査機関 :ゲンナイ製薬株式会社


※時期別の葉酸サプリメントを販売するゲンナイ製薬調べ


画像:(C) funnyangel / shutterstock


出典:https://www.atpress.ne.jp/news/205323


    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定